CULTURE

549 Pins
 10h
Collection by
各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介する人気企画【本と名言365】から、「建築家」による珠玉の言葉をピックアップ!
建築家の【本と名言】まとめ|前川國男、吉田五十八、藤森照信
各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介する人気企画【本と名言365】から、「建築家」による珠玉の言葉をピックアップ!
カーサが注目する、週末の注目イベントをまとめてご紹介。はじまったばかりの展覧会から会期終了間近の展覧会まで、チェックしてみましょう!
【4月20日〜21日】週末必見の“アート&デザイン”まとめ!
カーサが注目する、週末の注目イベントをまとめてご紹介。はじまったばかりの展覧会から会期終了間近の展覧会まで、チェックしてみましょう!
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。新素材への挑戦から1万戸を超える集合住宅まで幅広い仕事をこなした建築家、ブルーノ・タウト。建築の要諦を日本で書き残しています。
ブルーノ・タウトの名言「われわれは完全な釣合いを、…」【本と名言365】
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。新素材への挑戦から1万戸を超える集合住宅まで幅広い仕事をこなした建築家、ブルーノ・タウト。建築の要諦を日本で書き残しています。
これまでになかった手法で、新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。日本発祥の文化とされる絵文字をはじめ、私たちは時に文字以上に絵や図でコミュニケーションを図る。その源流ともいえるのが、いまから一世紀前に社会学者が考案したアイソタイプだ。先駆的な考えを生み出したオットー・ノイラートはなにを考えていたのだろう。
オットー・ノイラートの名言「言葉はへだたりをつくり、…」【本と名言365】
これまでになかった手法で、新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。日本発祥の文化とされる絵文字をはじめ、私たちは時に文字以上に絵や図でコミュニケーションを図る。その源流ともいえるのが、いまから一世紀前に社会学者が考案したアイソタイプだ。先駆的な考えを生み出したオットー・ノイラートはなにを考えていたのだろう。
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。『サイコ』や『鳥』、『めまい』を代表作に、20世紀の映画史に名を刻んだ映画監督、アルフレッド・ヒッチコック。緻密な演出と斬新な映像術で、後世の映画にも大きな影響を与えた名匠が語る、観客を魅了する映画とは。
アルフレッド・ヒッチコックの名言「…はサスペンスなんだよ。」【本と名言365】
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。『サイコ』や『鳥』、『めまい』を代表作に、20世紀の映画史に名を刻んだ映画監督、アルフレッド・ヒッチコック。緻密な演出と斬新な映像術で、後世の映画にも大きな影響を与えた名匠が語る、観客を魅了する映画とは。
カタチある物質を介して他人の中に潜り込む。 プロダクトデザイナー、柴田文江の仕事は実に幅広い。そしてその仕事の数々にベストセラーは多いが、多くのユーザーは彼女の存在を意識することなく使う。柴田は自身の作品集『あるカタチの内側にある、もうひとつのカタチ』で、「カタチある物質を介して他人の中に潜り込む。」と書く。人々が無意識に彼女の仕事を選ぶことこそ、その仕事がいかに優れたものであるかを証明するものといえるだろう。 柴田の仕事で一般によく知られる仕事が、無印良品《体にフィットするソファ》だ。ほかにも例を挙げていこう。電子体温計が普及するきっかけとなったオムロン《けんおんくん》の丸っこくやさしいフォルムは後進の製品にも大きく影響を与えた。ハンドルを見直すことで使いたくなる包丁へとアップデートさせた庖丁工房タダフサの包丁シリーズは一時期購入ができないほどのヒット商品に。コロナ禍におけるテレワークの普及を前に発表されたイトーキのワークチェア《バーテブラ03》は家庭�でも取り入れやすいデザイン性と機能性で、他のメーカーのデザイン性にも影響を与えた。 「モノでも人でも、深く関わるほどそれか...
柴田文江の名言「…して他人の中に潜り込む。」【本と名言365】
カタチある物質を介して他人の中に潜り込む。 プロダクトデザイナー、柴田文江の仕事は実に幅広い。そしてその仕事の数々にベストセラーは多いが、多くのユーザーは彼女の存在を意識することなく使う。柴田は自身の作品集『あるカタチの内側にある、もうひとつのカタチ』で、「カタチある物質を介して他人の中に潜り込む。」と書く。人々が無意識に彼女の仕事を選ぶことこそ、その仕事がいかに優れたものであるかを証明するものといえるだろう。 柴田の仕事で一般によく知られる仕事が、無印良品《体にフィットするソファ》だ。ほかにも例を挙げていこう。電子体温計が普及するきっかけとなったオムロン《けんおんくん》の丸っこくやさしいフォルムは後進の製品にも大きく影響を与えた。ハンドルを見直すことで使いたくなる包丁へとアップデートさせた庖丁工房タダフサの包丁シリーズは一時期購入ができないほどのヒット商品に。コロナ禍におけるテレワークの普及を前に発表されたイトーキのワークチェア《バーテブラ03》は家庭でも取り入れやすいデザイン性と機能性で、他のメーカーのデザイン性にも影響を与えた。 「モノでも人でも、深く関わるほどそれか...
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。陶器鑑賞家として、目利き以上の存在感を放った青山二郎。その「眼」の秘密をこう語りました。
青山二郎の名言「確かな眼というものは …」【本と名言365】
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。陶器鑑賞家として、目利き以上の存在感を放った青山二郎。その「眼」の秘密をこう語りました。
各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介する人気企画【本と名言365】から、「絵本作家」による珠玉の言葉をピックアップ!
絵本作家の【本と名言】まとめ|やなせたかし、かこさとし、堀内誠一
各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介する人気企画【本と名言365】から、「絵本作家」による珠玉の言葉をピックアップ!
カーサが注目する、週末の注目イベントをまとめてご紹介。はじまったばかりの展覧会から会期終了間近の展覧会まで、チェックしてみましょう!
【4月13日〜14日】週末必見の“アート&デザイン”まとめ!
カーサが注目する、週末の注目イベントをまとめてご紹介。はじまったばかりの展覧会から会期終了間近の展覧会まで、チェックしてみましょう!
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。20世紀のメキシコを代表する画家、フリーダ・カーロ。鮮やかな色彩と強烈な個性で多くの名作を残した彼女の人生は、悲劇の連続だった。そんな苦難にも挫けず、最期の時まで生きることを諦めなかったカーロが残した力強い言葉。
フリーダ・カーロの名言「希望の樹よ しっかりと立て!」【本と名言365】
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。20世紀のメキシコを代表する画家、フリーダ・カーロ。鮮やかな色彩と強烈な個性で多くの名作を残した彼女の人生は、悲劇の連続だった。そんな苦難にも挫けず、最期の時まで生きることを諦めなかったカーロが残した力強い言葉。
4月11日から〈東京オペラシティ アートギャラリー〉にて、今年90歳を迎えた、宇野亞喜良の過去最大規模の個展がスタートする。 Manga, Collage, Art, Japanese Artists, Art Beat, Artist, Poster Art, Illustration Art, Art Design
約900点の作品で、宇野亞喜良の華麗で耽美なる創作世界に迫る!
4月11日から〈東京オペラシティ アートギャラリー〉にて、今年90歳を迎えた、宇野亞喜良の過去最大規模の個展がスタートする。
負けることのかっこの悪さが、逆にかっこいいのである。 国内外で、公共建築、美術館、博物館、集合住宅、ショップのインテリアなどを手がけ、家具やシューズなどのデザインまで実に幅広い活躍を見せる建築家、隈研吾。順風満帆、連戦連勝に見える隈はバブル末期に独立しているが、実は早々に仕事を失うこととなる。1991年に自動車メーカー〈マツダ〉のデザインラボとして発表した〈M2〉は、当時流行したポストモダンを批評的に表現した建築だ。しかしこの建築は酷評され、それをきっかけに建築界から干されることとなる。日本経済同様、自身にとっても「失われた10年」だと隈は振り返る。 この「失われた10年」に隈は活動を地方に移し、さまざまな職人の仕事を取り入れた建築を実現する。同時にさまざまな媒体で文章を発表した時期でもある。阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件が起こった1995年から、隈が再び建築の第一線へと踊り出す時期の2003年までに書いた文章をまとめた書籍が『負ける建築』だ。タイトルは隈の新たな建築観である「受動性」を象徴する言葉として示されている。 隈は『負ける建築』で20世紀の建築を総括する。そのな... Design, Architecture, Culture
隈研吾の名言「 …が、逆にかっこいいのである。」【本と名言365】
負けることのかっこの悪さが、逆にかっこいいのである。 国内外で、公共建築、美術館、博物館、集合住宅、ショップのインテリアなどを手がけ、家具やシューズなどのデザインまで実に幅広い活躍を見せる建築家、隈研吾。順風満帆、連戦連勝に見える隈はバブル末期に独立しているが、実は早々に仕事を失うこととなる。1991年に自動車メーカー〈マツダ〉のデザインラボとして発表した〈M2〉は、当時流行したポストモダンを批評的に表現した建築だ。しかしこの建築は酷評され、それをきっかけに建築界から干されることとなる。日本経済同様、自身にとっても「失われた10年」だと隈は振り返る。 この「失われた10年」に隈は活動を地方に移し、さまざまな職人の仕事を取り入れた建築を実現する。同時にさまざまな媒体で文章を発表した時期でもある。阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件が起こった1995年から、隈が再び建築の第一線へと踊り出す時期の2003年までに書いた文章をまとめた書籍が『負ける建築』だ。タイトルは隈の新たな建築観である「受動性」を象徴する言葉として示されている。 隈は『負ける建築』で20世紀の建築を総括する。そのな...
�これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。『車輪の下』や『デミアン』などで知られるドイツ文学の大家ヘルマン・ヘッセ。その感性を育てたのは、幼少期から親しんだ庭仕事でした。
ヘルマン・ヘッセの名言「木に傾聴することのできる人は、…」【本と名言365】
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。『車輪の下』や『デミアン』などで知られるドイツ文学の大家ヘルマン・ヘッセ。その感性を育てたのは、幼少期から親しんだ庭仕事でした。
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。極北の地、アラスカの自然をこよなく愛し、生涯を捧げた写真家、星野道夫。写真とともに残された多くの言葉から、星野にとっての「生きること」を探る。 Travel
星野道夫の名言「私はアラスカが好きだが、…」【本と名言365】
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。極北の地、アラスカの自然をこよなく愛し、生涯を捧げた写真家、星野道夫。写真とともに残された多くの言葉から、星野にとっての「生きること」を探る。
これまでになかった手法で、新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。今年、プリツカー賞を受賞した建築家の山本理顕は社会性の高い建築で人々のコミュニティのあり方を再定義しつづけている。その著作で語られる山本の思想を紹介する。
山本理顕の名言「建築空間は単なる手段ではない。」【本と名言365】
これまでになかった手法で、新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。今年、プリツカー賞を受賞した建築家の山本理顕は社会性の高い建築で人々のコミュニティのあり方を再定義しつづけている。その著作で語られる山本の思想を紹介する。