ARCHITECTURE

476 Pins
 4d
Collection by
1年間のベスト建築を一般投票により選ぶ、これまでにない “身近な” 建築賞が誕生しました。
建築界の「本屋大賞」⁉ みんなの建築大賞とは?
1年間のベスト建築を一般投票により選ぶ、これまでにない “身近な” 建築賞が誕生しました。
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。新素材への挑戦から1万戸を超える集合住宅まで幅広い仕事をこなした建築家、ブルーノ・タウト。建築の要諦を日本で書き残しています。
ブルーノ・タウトの名言「われわれは完全な釣合いを、…」【本と名言365】
これまでになかった手法で新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。新素材への挑戦から1万戸を超える集合住宅まで幅広い仕事をこなした建築家、ブルーノ・タウト。建築の要諦を日本で書き残しています。
コミュニティのあり方と建築の関係性に着目している山本理顕。プリツカー賞受賞について思うことを聞きました。
2024年プリツカー賞建築家、山本理顕が考えるコミュニティと建築の関係性。
コミュニティのあり方と建築の関係性に着目している山本理顕。プリツカー賞受賞について思うことを聞きました。
モダニズム建築から現代建築まで、東京の多彩な名建築が公開される『東京建築祭』。普段は入れない場所をガイドとともに特別公開するなど、見慣れた街の景色が違って見えてくるイベントです。
5月、東京の建築をディープに楽しむ「東京建築祭」へ。
モダニズム建築から現代建築まで、東京の多彩な名建築が公開される『東京建築祭』。普段は入れない場所をガイドとともに特別公開するなど、見慣れた街の景色が違って見えてくるイベントです。
建築家・永田祐三設計による築39年のオフィスビルに、アップサイクル家具ブランド〈家’s〉のショップがオープン!
まるで古代遺跡? 渋谷の隠れた名建築が再活用されています。
建築家・永田祐三設計による築39年のオフィスビルに、アップサイクル家具ブランド〈家’s〉のショップがオープン!
デジタルの進化によって居場所を問わず情報へのアクセスが可能になった現代、図書館の新たな意義を提起するスノヘッタ設計の〈北京市立図書館〉が開館した。
デジタル時代の図書館の意義を問う、スノヘッタ設計の〈北京市立図書館〉。
デジタルの進化によって居場所を問わず情報へのアクセスが可能になった現代、図書館の新たな意義を提起するスノヘッタ設計の〈北京市立図書館〉が開館した。
ドイツの中で見るべき建築が豊富な都市はデュッセルドルフと聞いて、意外に思う人も多いだろう。実は昔から新しいもの、スタリッシュなものを受け入れて来たこの街には、世界的建築家による建築から既存の建物をリノベーションした好例、そして現在進行中のビッグプロジェクトまで、注目のトピックがたくさん。街の歴史をひもときながら、建築都市・デュッセルドルフを探索してみよう。
知られざる建築都市、ドイツ・デュッセルドルフの名建築を訪ねて。
ドイツの中で見るべき建築が豊富な都市はデュッセルドルフと聞いて、意外に思う人も多いだろう。実は昔から新しいもの、スタリッシュなものを受け入れて来たこの街には、世界的建築家による建築から既存の建物をリノベーションした好例、そして現在進行中のビッグプロジェクトまで、注目のトピックがたくさん。街の歴史をひもときながら、建築都市・デュッセルドルフを探索してみよう。
日本橋のオフィス街にある約80平米の縦長な敷地。そんな都市部に特有の狭小地を活かした〈Hotel Rakuragu〉がオープンした。 Design, Tokyo, Architecture, Interior, Hotels Room, W Hotel, Hotel, Architect, House
狭小空間を活用した日本橋の都市型ホテル〈ホテルラクラグ〉。
日本橋のオフィス街にある約80平米の縦長な敷地。そんな都市部に特有の狭小地を活かした〈Hotel Rakuragu〉がオープンした。
負けることのかっこの悪さが、逆にかっこいいのである。 国内外で、公共建築、美術館、博物館、集合住宅、ショップのインテリアなどを手が�け、家具やシューズなどのデザインまで実に幅広い活躍を見せる建築家、隈研吾。順風満帆、連戦連勝に見える隈はバブル末期に独立しているが、実は早々に仕事を失うこととなる。1991年に自動車メーカー〈マツダ〉のデザインラボとして発表した〈M2〉は、当時流行したポストモダンを批評的に表現した建築だ。しかしこの建築は酷評され、それをきっかけに建築界から干されることとなる。日本経済同様、自身にとっても「失われた10年」だと隈は振り返る。 この「失われた10年」に隈は活動を地方に移し、さまざまな職人の仕事を取り入れた建築を実現する。同時にさまざまな媒体で文章を発表した時期でもある。阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件が起こった1995年から、隈が再び建築の第一線へと踊り出す時期の2003年までに書いた文章をまとめた書籍が『負ける建築』だ。タイトルは隈の新たな建築観である「受動性」を象徴する言葉として示されている。 隈は『負ける建築』で20世紀の建築を総括する。そのな... Culture
隈研吾の名言「 …が、逆にかっこいいのである。」【本と名言365】
負けることのかっこの悪さが、逆にかっこいいのである。 国内外で、公共建築、美術館、博物館、集合住宅、ショップのインテリアなどを手がけ、家具やシューズなどのデザインまで実に幅広い活躍を見せる建築家、隈研吾。順風満帆、連戦連勝に見える隈はバブル末期に独立しているが、実は早々に仕事を失うこととなる。1991年に自動車メーカー〈マツダ〉のデザインラボとして発表した〈M2〉は、当時流行したポストモダンを批評的に表現した建築だ。しかしこの建築は酷評され、それをきっかけに建築界から干されることとなる。日本経済同様、自身にとっても「失われた10年」だと隈は振り返る。 この「失われた10年」に隈は活動を地方に移し、さまざまな職人の仕事を取り入れた建築を実現する。同時にさまざまな媒体で文章を発表した時期でもある。阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件が起こった1995年から、隈が再び建築の第一線へと踊り出す時期の2003年までに書いた文章をまとめた書籍が『負ける建築』だ。タイトルは隈の新たな建築観である「受動性」を象徴する言葉として示されている。 隈は『負ける建築』で20世紀の建築を総括する。そのな...
最優秀賞作品には賞金1000万。何より選ばれたプランは新たな〈NOT A HOTEL〉として実現&販売する……。対象はU-40の建築家資格を問わないクリエイター。圧巻の審査員が“未来の建築”を待っています。 Design Competitions, Competition, Hotel Design
〈NOT A HOTEL〉建築の未来を担う“U-40”コンペ始動。審査委員は片山正通、藤本壮介、谷尻誠、吉田愛。
最優秀賞作品には賞金1000万。何より選ばれたプランは新たな〈NOT A HOTEL〉として実現&販売する……。対象はU-40の建築家資格を問わないクリエイター。圧巻の審査員が“未来の建築”を待っています。
〈カラー〉の8店舗目となる路面店が東京・丸の内に開業。店舗デザインはGLAMOROUSの森田恭通。 Fashion Brands, Retail Design, Retail, Concept Design, Store
丸の内に現れたランウェイ!? 〈カラー〉15年ぶりの路面店。
〈カラー〉の8店舗目となる路面店が東京・丸の内に開業。店舗デザインはGLAMOROUSの森田恭通。
これまでになかった手法で、新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。今年、プリツカー賞を受賞した建築家の山本理顕は社会性の高い建築で人々のコミュニティのあり方を再定義しつづけている。その著作で語られる山本の思想を紹介する。
山本理顕の名言「建築空間は単なる手段ではない。」【本と名言365】
これまでになかった手法で、新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。今年、プリツカー賞を受賞した建築家の山本理顕は社会性の高い建築で人々のコミュニティのあり方を再定義しつづけている。その著作で語られる山本の思想を紹介する。
2001年にはじまった「横浜トリエンナーレ」は、都市型の芸術祭の先駆けだ。第8回目のトリエンナーレが「野草:いま、ここで生きてる」をテーマに開かれています。弱そうに見えてたくましい、野草のような国際展です。 Art, Travel
新しくなった〈横浜美術館〉が「横浜トリエンナーレ」で再始動!|青野尚子の今週末見るべきアート
2001年にはじまった「横浜トリエンナーレ」は、都市型の芸術祭の先駆けだ。第8回目のトリエンナーレが「野草:いま、ここで生きてる」をテーマに開かれています。弱そうに見えてたくましい、野草のような国際展です。
これまでになかった手法で、新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。現��代美術の巨人、ドナルド・ジャッドは作品ととともに優れた建築と家具、そして評論を残した人物だ。建築を語るなかで彼が示した言葉を辿る。
【本と名言365】ドナルド・ジャッド|「私は常に建築に関心を抱いてきた。」
これまでになかった手法で、新しい価値観を提示してきた各界の偉人たちの名言を日替わりで紹介。現代美術の巨人、ドナルド・ジャッドは作品ととともに優れた建築と家具、そして評論を残した人物だ。建築を語るなかで彼が示した言葉を辿る。
マティスが手がけた〈ヴァンスのロザリオ礼拝堂〉が東京にやってきました。礼拝堂内部の原寸大展示のほか、建築と呼応する大作《花と果実》など、見逃せないポイントが満載です。 Fashion
マティスの色彩と光を体感できる展覧会へ|青野尚子の今週末見るべきアート
マティスが手がけた〈ヴァンスのロザリオ礼拝堂〉が東京にやってきました。礼拝堂内部の原寸大展示のほか、建築と呼応する大作《花と果実》など、見逃せないポイントが満載です。