金)国弘よう子の『映画ナイト』

毎週金曜、夜8時更新。映画評論家の国弘よう子が、毎週おすすめの映画を独自の視点で紹介する『シネマ・とっておき♡』や思い出の映画をゲストと振り返る『ヴィンテージ・シネマ』など映画の魅力を存分にお伝えしていきます!
569 Pins55 Followers
国弘よう子の「映画ナイト」2017/12/15 顔ぶれだけでもミュージカル大作!◇今週の映画ナイトは、ヒットメーカー、ウェイ・ダーション監督が6年ぶりにメガホンをとったラブストーリー『52Hzのラヴソング』や、「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツが主演を務め、原因不明の難病に冒された女性記者スザンナ・キャラハンの闘病記「脳に棲む魔物」を映画化した人間ドラマ『彼女が目覚めるその日まで』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、1955年に公開されたのアメリカ映画「野郎どもと女たち」をご紹介します。

国弘よう子の「映画ナイト」2017/12/15 顔ぶれだけでもミュージカル大作!◇今週の映画ナイトは、ヒットメーカー、ウェイ・ダーション監督が6年ぶりにメガホンをとったラブストーリー『52Hzのラヴソング』や、「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツが主演を務め、原因不明の難病に冒された女性記者スザンナ・キャラハンの闘病記「脳に棲む魔物」を映画化した人間ドラマ『彼女が目覚めるその日まで』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、1955年に公開されたのアメリカ映画「野郎どもと女たち」をご紹介します。

国弘よう子の「映画ナイト」2017/12/8 アガサ・クリスティの名作ミステリー!◇今週の映画ナイトは、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が、ベストセラーコミック「鎌倉ものがたり」を実写映画化したファンタジードラマ『DESTINY 鎌倉ものがたり』や、1974年にも映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリーをケネス・ブラナーの製作・監督・主演、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で新たに映画化された『オリエント急行殺人事件』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、1980年に公開された映画「クリスタル殺人事件」をご紹介します。

国弘よう子の「映画ナイト」2017/12/8 アガサ・クリスティの名作ミステリー!◇今週の映画ナイトは、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が、ベストセラーコミック「鎌倉ものがたり」を実写映画化したファンタジードラマ『DESTINY 鎌倉ものがたり』や、1974年にも映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリーをケネス・ブラナーの製作・監督・主演、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で新たに映画化された『オリエント急行殺人事件』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、1980年に公開された映画「クリスタル殺人事件」をご紹介します。

国弘よう子の「映画ナイト」ケリーとシナトラの水兵コンビ!(2017/11/3 更新)今週の映画ナイトは、人気料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一のデビュー小説を、二宮和也主演で映画化した『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』や、ひまわり、夜のカフェテラスなどで知られる印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎を、全編油絵風のアニメーションで描いた異色のサスペンス『ゴッホ 最期の手紙』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、1945年に公開のアメリカのミュージカル映画「錨を上げて」をご紹介します!

国弘よう子の「映画ナイト」ケリーとシナトラの水兵コンビ!(2017/11/3 更新)今週の映画ナイトは、人気料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一のデビュー小説を、二宮和也主演で映画化した『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』や、ひまわり、夜のカフェテラスなどで知られる印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎を、全編油絵風のアニメーションで描いた異色のサスペンス『ゴッホ 最期の手紙』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、1945年に公開のアメリカのミュージカル映画「錨を上げて」をご紹介します!

国弘よう子の「映画ナイト」カウボーイと歌手の恋愛を描く!(2017/10/27 更新)今週の映画ナイトは、「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン監督がジェシカ・チャスティンを主演に迎え、天才的な戦略を駆使して政治を影で動かすロビイストの知られざる実態に迫った社会派サスペンス『女神の見えざる手』や、リドリー・スコット監督がフィリップ・K・ディックの小説をもとに生み出した1982年公開の傑作SFの続編、35年の時を経て生み出された『ブレードランナー 2049』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、1956年公開のアメリカ映画「バス停留所」をご紹介します!

国弘よう子の「映画ナイト」カウボーイと歌手の恋愛を描く!(2017/10/27 更新)今週の映画ナイトは、「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン監督がジェシカ・チャスティンを主演に迎え、天才的な戦略を駆使して政治を影で動かすロビイストの知られざる実態に迫った社会派サスペンス『女神の見えざる手』や、リドリー・スコット監督がフィリップ・K・ディックの小説をもとに生み出した1982年公開の傑作SFの続編、35年の時を経て生み出された『ブレードランナー 2049』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、1956年公開のアメリカ映画「バス停留所」をご紹介します!

「火花」

「火花」

「ゴッホ 最期の手紙」

「ゴッホ 最期の手紙」

「オリエント急行殺人事件」

「オリエント急行殺人事件」

「バリー・シール アメリカをはめた男」

「バリー・シール アメリカをはめた男」

「鋼の錬金術師」

「鋼の錬金術師」

国弘よう子の「映画ナイト」2017/12/1 時代小説家 飯島一次さん◇今週の映画ナイトは、時代小説家 飯島一次さんをお迎えします。作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を大泉洋と松田龍平の共演で実写映画化した人気シリーズの第3作『探偵はBARにいる3』や、荒川弘の人気コミック「鋼の錬金術師」を実写映画化した『鋼の錬金術師』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、11月20日に刊行された日本ペンクラブの文芸同人誌「川」から、飯島さんのエッセイの一文のご紹介と、1969年公開のアメリカ映画「サボテンの花」についてお話していただきました。

国弘よう子の「映画ナイト」2017/12/1 時代小説家 飯島一次さん◇今週の映画ナイトは、時代小説家 飯島一次さんをお迎えします。作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を大泉洋と松田龍平の共演で実写映画化した人気シリーズの第3作『探偵はBARにいる3』や、荒川弘の人気コミック「鋼の錬金術師」を実写映画化した『鋼の錬金術師』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、11月20日に刊行された日本ペンクラブの文芸同人誌「川」から、飯島さんのエッセイの一文のご紹介と、1969年公開のアメリカ映画「サボテンの花」についてお話していただきました。

「gifted ギフテッド」

「gifted ギフテッド」

飯島一次(Kazutsugu Iijima)1953年、大阪府生まれ。大阪芸術大学舞台芸術学科卒業。東京在住。日本ペンクラブ、日本推理作家協会、日本シャーロック・ホームズ・クラブ、歴史時代作家クラブ、日本映画ペンクラブ、各会員。 主な著書に「朧屋彦六世直し草紙」シリーズ、「三十郎あやかし破り」シリーズ、「阿弥陀小僧七変化」シリーズ、「室町小町謎解き帖」シリーズ(以上双葉文庫)、『ふたり鼠 鉄砲の弥八捕物帳』(KKベストセラーズ)、『紅葉山御文庫推理秘録 江戸城の御厄介様』(KADOKAWA富士見新時代小説文庫)、『のたり同心落とし噺 こがねもち』(徳間文庫)、『瓦版屋権兵衛筆さばき 抜かずの剣』(コスミック出版)、共著に『新選組出陣』(徳間文庫他)などがある。

飯島一次(Kazutsugu Iijima)1953年、大阪府生まれ。大阪芸術大学舞台芸術学科卒業。東京在住。日本ペンクラブ、日本推理作家協会、日本シャーロック・ホームズ・クラブ、歴史時代作家クラブ、日本映画ペンクラブ、各会員。 主な著書に「朧屋彦六世直し草紙」シリーズ、「三十郎あやかし破り」シリーズ、「阿弥陀小僧七変化」シリーズ、「室町小町謎解き帖」シリーズ(以上双葉文庫)、『ふたり鼠 鉄砲の弥八捕物帳』(KKベストセラーズ)、『紅葉山御文庫推理秘録 江戸城の御厄介様』(KADOKAWA富士見新時代小説文庫)、『のたり同心落とし噺 こがねもち』(徳間文庫)、『瓦版屋権兵衛筆さばき 抜かずの剣』(コスミック出版)、共著に『新選組出陣』(徳間文庫他)などがある。

国弘よう子の「映画ナイト」2017/11/24 時代小説家 飯島一次さん◇今週の映画ナイトは、時代小説家 飯島一次さんをお迎えします。お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹による小説を、板尾創路のメガホン、菅田将暉と桐谷健太の主演により映画化した『火花』や、クリス・エバンスが幼い姪に愛情を注ぐ独身男を演じるファミリードラマ『gifted ギフテッド』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、11月20日に刊行されたばかりの日本ペンクラブの同人誌「川」から、飯島さんのエッセイの一文のご紹介と、1966年に制作された、東宝クレージー映画「クレージーだよ奇想天外」についてお話していただきました。

国弘よう子の「映画ナイト」2017/11/24 時代小説家 飯島一次さん◇今週の映画ナイトは、時代小説家 飯島一次さんをお迎えします。お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹による小説を、板尾創路のメガホン、菅田将暉と桐谷健太の主演により映画化した『火花』や、クリス・エバンスが幼い姪に愛情を注ぐ独身男を演じるファミリードラマ『gifted ギフテッド』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、11月20日に刊行されたばかりの日本ペンクラブの同人誌「川」から、飯島さんのエッセイの一文のご紹介と、1966年に制作された、東宝クレージー映画「クレージーだよ奇想天外」についてお話していただきました。

国弘よう子の「映画ナイト」2017/11/17 映画評論家・詩人 望月苑巳さん  今週の映画ナイトは、映画評論家・詩人の望月苑巳さんをお迎えします。2013年の「サイド・エフェクト」を最後に映画監督業を退いたスティーブン・ソダーバーグが、再び長編劇場映画でメガホンをとった復帰作『ローガン・ラッキー』や、トルコの古都イスタンブールに受け継がれてきた、猫と人間たちの幸せな関係をとらえたドキュメンタリー『猫が教えてくれたこと』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、1939年に製作されたアメリカ映画「風と共に去りぬ」をご紹介します!

国弘よう子の「映画ナイト」2017/11/17 映画評論家・詩人 望月苑巳さん 今週の映画ナイトは、映画評論家・詩人の望月苑巳さんをお迎えします。2013年の「サイド・エフェクト」を最後に映画監督業を退いたスティーブン・ソダーバーグが、再び長編劇場映画でメガホンをとった復帰作『ローガン・ラッキー』や、トルコの古都イスタンブールに受け継がれてきた、猫と人間たちの幸せな関係をとらえたドキュメンタリー『猫が教えてくれたこと』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、1939年に製作されたアメリカ映画「風と共に去りぬ」をご紹介します!

「密偵」

「密偵」

ゲスト◇望月苑巳 (Sonomi Mochiduki)1947年東京・日暮里生まれ。スポーツ新聞記者をへて、現在フリーライター。特に映画関係の原稿を中心に書いている。主な著作は、詩集「鳥肌の立つ場所」(2004年土曜美術社出版販売)、エッセイ集「団塊力―ひもパン洗濯おとーさん奮戦す」(2008年 音羽出版)、詩集「ひまわりキッチン―あるいは、ちょっとペダンチックな原色人間圖鑑」(2011年 砂子屋書房)など。

ゲスト◇望月苑巳 (Sonomi Mochiduki)1947年東京・日暮里生まれ。スポーツ新聞記者をへて、現在フリーライター。特に映画関係の原稿を中心に書いている。主な著作は、詩集「鳥肌の立つ場所」(2004年土曜美術社出版販売)、エッセイ集「団塊力―ひもパン洗濯おとーさん奮戦す」(2008年 音羽出版)、詩集「ひまわりキッチン―あるいは、ちょっとペダンチックな原色人間圖鑑」(2011年 砂子屋書房)など。

Pinterest
Search