木)源川瑠々子の星空の歌

毎週木曜、夜8時更新。音楽、舞台、写真などの芸術をはじめ、さまざまな分野で活躍する方々をお迎えし、魅力的なお話をお聞きします。 夜空の星のようにきらきらと輝くゲストのお話で、リスナーのみなさんへパワーをお届けできたら……、 こんなに嬉しいことはありません。 提供:和のセレクトショップまるる http://www.maruru.net
537 Pins45 Followers
源川瑠々子の『星空の歌』(2018/02/08 更新)女優 えまおゆうさん◇今夜のお客様は、先週に引き続き女優のえまおゆうさんをお迎えします。後半の今回も、1月13日(土)に発売されたデビュー30周年記念ミニアルバム「Un sourire(アンスリール)」をテーマにお話をお聞きします。アルバムを制作するきっかけからレコーディングのお話、ジャケットを由比ケ浜で撮影した当時のエピソードなど…様々なお話を伺いました。また、今後のえまおさんのコンサートや舞台の情報もご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/02/08 更新)女優 えまおゆうさん◇今夜のお客様は、先週に引き続き女優のえまおゆうさんをお迎えします。後半の今回も、1月13日(土)に発売されたデビュー30周年記念ミニアルバム「Un sourire(アンスリール)」をテーマにお話をお聞きします。アルバムを制作するきっかけからレコーディングのお話、ジャケットを由比ケ浜で撮影した当時のエピソードなど…様々なお話を伺いました。また、今後のえまおさんのコンサートや舞台の情報もご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!

ゲスト◇えまおゆう(YU EMAO)1987年宝塚歌劇団入団、星組に配属。歌、ダンス、芝居の三拍子が揃った華やかな男役スターとして活躍。2002年雪組トップスターに就任。主な主演作品は『殉情』『ディーン』『追憶のバルセロナ/On the 5th』等。タカラジェンヌとしては異例のオールスタンディングライヴ『YuEmao Live in BRITZ』を成功させ、同年9月に退団。退団後は、『I LOVE YOU 愛の果ては』『三人吉三東青春』『テネシーワルツ』1人芝居『シネマに×××(キスキスキス)』『秋春真田物語』『エリザベートガラコンサート』宅フェス『わらいのまち』など多数の舞台に出演。2015年にはVictorエンタテインメントより宝塚OG トップによる「麗人」をリリース他、ディナーショー、ライヴ、テレビ、CMなど、またカルチャーでの講師など多方面で精力的に活躍中。2016年に初プロデュースライブをセルリアンタワーJZBratで開催。2017年9月には、芸能生活30周年記念舞台「This is My Love」を竹芝ニューピアホールで行い大成功を納めた。

ゲスト◇えまおゆう(YU EMAO)1987年宝塚歌劇団入団、星組に配属。歌、ダンス、芝居の三拍子が揃った華やかな男役スターとして活躍。2002年雪組トップスターに就任。主な主演作品は『殉情』『ディーン』『追憶のバルセロナ/On the 5th』等。タカラジェンヌとしては異例のオールスタンディングライヴ『YuEmao Live in BRITZ』を成功させ、同年9月に退団。退団後は、『I LOVE YOU 愛の果ては』『三人吉三東青春』『テネシーワルツ』1人芝居『シネマに×××(キスキスキス)』『秋春真田物語』『エリザベートガラコンサート』宅フェス『わらいのまち』など多数の舞台に出演。2015年にはVictorエンタテインメントより宝塚OG トップによる「麗人」をリリース他、ディナーショー、ライヴ、テレビ、CMなど、またカルチャーでの講師など多方面で精力的に活躍中。2016年に初プロデュースライブをセルリアンタワーJZBratで開催。2017年9月には、芸能生活30周年記念舞台「This is My Love」を竹芝ニューピアホールで行い大成功を納めた。

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/02/01 更新)女優 えまおゆうさん◇今夜のお客様は、女優のえまおゆうさんをお迎えします。今回は、1月13日(土)に発売されたデビュー30周年記念ミニアルバム「Un sourire(アンスリール)」をテーマにお話をお聞きします。昨年開催されたデビュー30周年記念コンサートのお話からアルバムのジャケット撮影やレコーディングについてなど…様々なお話を伺いました。また、2月9日(金)に発売される源川さんのNEWシングル『パンダ きみへのラヴソング』も初ON AIR!!どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/02/01 更新)女優 えまおゆうさん◇今夜のお客様は、女優のえまおゆうさんをお迎えします。今回は、1月13日(土)に発売されたデビュー30周年記念ミニアルバム「Un sourire(アンスリール)」をテーマにお話をお聞きします。昨年開催されたデビュー30周年記念コンサートのお話からアルバムのジャケット撮影やレコーディングについてなど…様々なお話を伺いました。また、2月9日(金)に発売される源川さんのNEWシングル『パンダ きみへのラヴソング』も初ON AIR!!どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/01/25 更新)翻訳家・エッセイスト 古屋美登里さん◇今夜のお客様は、先週に引き続き翻訳家・エッセイストの古屋美登里さんをお迎えします。後半の今回も、昨年12月に発売された『肺都(はいと)』をテーマにお話をお聞きします。作品を訳し終わった古屋さんがケアリロスになったお話から三部作を訳した当時のお話、次の訳詞の作品のことなど…様々なお話を伺いました。また、また、今後開催されるトークショウの情報もご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/01/25 更新)翻訳家・エッセイスト 古屋美登里さん◇今夜のお客様は、先週に引き続き翻訳家・エッセイストの古屋美登里さんをお迎えします。後半の今回も、昨年12月に発売された『肺都(はいと)』をテーマにお話をお聞きします。作品を訳し終わった古屋さんがケアリロスになったお話から三部作を訳した当時のお話、次の訳詞の作品のことなど…様々なお話を伺いました。また、また、今後開催されるトークショウの情報もご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/01/18 更新)翻訳家・エッセイスト 古屋美登里さん◇今夜のお客様は、約1年2ヶ月ぶりに翻訳家・エッセイストの古屋美登里さんをお迎えします。今回は、昨年12月に発売された『肺都(はいと)』をテーマにお話をお聞きします。古屋さんが翻訳を担当された『堆塵館』『穢れの町』に続きアイアマンガー三部作完結となる『肺都』のご紹介から作品の魅力、著者のエドワード・ケアリーについて熱く語って頂きました。また、今月開催されるトークショウの情報もご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/01/18 更新)翻訳家・エッセイスト 古屋美登里さん◇今夜のお客様は、約1年2ヶ月ぶりに翻訳家・エッセイストの古屋美登里さんをお迎えします。今回は、昨年12月に発売された『肺都(はいと)』をテーマにお話をお聞きします。古屋さんが翻訳を担当された『堆塵館』『穢れの町』に続きアイアマンガー三部作完結となる『肺都』のご紹介から作品の魅力、著者のエドワード・ケアリーについて熱く語って頂きました。また、今月開催されるトークショウの情報もご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2017/12/14 更新)銀座博品館 代表取締役会長 伊藤義文さん◇今夜のお客様は、先週に引き続き銀座博品館代表取締役会長の伊藤義文さんをお迎えします。今回もクリスマスにオススメのおもちゃをテーマにお話をお聞きします。後半は、女の子に人気ランキングを中心に今年50周年を迎えたリカちゃんや不思議なふうせんの「ウーニーズ」、今度は双子の「ウーモ」など…話題のおもちゃについて熱く語って頂きました。また、12月に博品館劇場で公演される舞台やライブもご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2017/12/14 更新)銀座博品館 代表取締役会長 伊藤義文さん◇今夜のお客様は、先週に引き続き銀座博品館代表取締役会長の伊藤義文さんをお迎えします。今回もクリスマスにオススメのおもちゃをテーマにお話をお聞きします。後半は、女の子に人気ランキングを中心に今年50周年を迎えたリカちゃんや不思議なふうせんの「ウーニーズ」、今度は双子の「ウーモ」など…話題のおもちゃについて熱く語って頂きました。また、12月に博品館劇場で公演される舞台やライブもご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!

ゲスト◇片桐和子(Kazuko Katagiri) 東京音楽大学ピアノ科卒業後、ジャズ研にてジャズボーカルを学ぶ。「渡辺プロ東京音楽院」で講師を務め、その間「ジャニーズ音楽事務所」、「ヤマハ音楽振興財団」でシンガー・ソング・ライターの育成。「日本テレビ音楽学院」でポピュラー・「東京声楽専門学校」でジャズ、「NHKカルチャーセンター青山」、「NHKカルチャーセンター八王子」でポピュラーヴォーカル、「東宝 育成所」などに従事する。 並行して、ディズニ―映画、映画音楽、ミュージカル、ライブなどの作詞・訳詞を多数手掛ける。代表曲は、「マイウェイ」の訳詩、ミュージカル『アニー』のほぼすべての楽曲の訳詩を手掛け16年間に渡り歌唱指導を担当。 2016年より、日本訳詩家協会(JASTS)の会長に就任。

ゲスト◇片桐和子(Kazuko Katagiri) 東京音楽大学ピアノ科卒業後、ジャズ研にてジャズボーカルを学ぶ。「渡辺プロ東京音楽院」で講師を務め、その間「ジャニーズ音楽事務所」、「ヤマハ音楽振興財団」でシンガー・ソング・ライターの育成。「日本テレビ音楽学院」でポピュラー・「東京声楽専門学校」でジャズ、「NHKカルチャーセンター青山」、「NHKカルチャーセンター八王子」でポピュラーヴォーカル、「東宝 育成所」などに従事する。 並行して、ディズニ―映画、映画音楽、ミュージカル、ライブなどの作詞・訳詞を多数手掛ける。代表曲は、「マイウェイ」の訳詩、ミュージカル『アニー』のほぼすべての楽曲の訳詩を手掛け16年間に渡り歌唱指導を担当。 2016年より、日本訳詩家協会(JASTS)の会長に就任。

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/02/15 更新)作詞家・訳詞家 片桐和子先生◇今夜のお客様は、作詞家・訳詞家の片桐和子先生をお迎えします。今回は、先日2月9日(金)に発売された源川瑠々子さんのNEWシングル『パンダ キミへのラヴソング/パンダの約束』をテーマにお話をお聞きします。片桐先生が作詞をされた「パンダ キミへのラヴソング」を聞きながら最初に作詞のオファーを受けた印象から歌詞に込めた思い、日本に初めてパンダがきた1972年当時のお話など…様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/02/15 更新)作詞家・訳詞家 片桐和子先生◇今夜のお客様は、作詞家・訳詞家の片桐和子先生をお迎えします。今回は、先日2月9日(金)に発売された源川瑠々子さんのNEWシングル『パンダ キミへのラヴソング/パンダの約束』をテーマにお話をお聞きします。片桐先生が作詞をされた「パンダ キミへのラヴソング」を聞きながら最初に作詞のオファーを受けた印象から歌詞に込めた思い、日本に初めてパンダがきた1972年当時のお話など…様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!

コンサート◇『逸翁コンサート ~祝50回記念スペシャルⅠ~』日時:2018年2月24日(土)2月25日(日)会場:マグノリアホール

コンサート◇『逸翁コンサート ~祝50回記念スペシャルⅠ~』日時:2018年2月24日(土)2月25日(日)会場:マグノリアホール

古屋 美登里(Midori Furuya)神奈川県出身、早稲田大学教育学部卒業。翻訳家、明治大学講師。 おもな訳書に、ダニエル・タメット『ぼくには数字が風景に見える』、リサ・ジェノヴァ『アリスのままで』(ともに講談社)、エドワード・ケアリー『望楼館追想』『アルヴァとイルヴァ』、(ともに文藝春秋)、D・フィンケル『帰還兵はなぜ自殺するのか』『兵士は戦場で何を見たのか』(ともに亜紀書房)、M・L・ステッドマン『海を照らす光』、ラッタウット・ラープチャルーンサップ『観光』(早川書房)など他多数。2016年9月にエドワード・ケアリー『堆塵館』(東京創元社)を刊行。また、倉橋由美子作品復刊推進委員会を立ち上げる。2015年5月には倉橋由美子の単行本未収録エッセイ集『最後の祝宴』(幻戯書房)を監修する。

古屋 美登里(Midori Furuya)神奈川県出身、早稲田大学教育学部卒業。翻訳家、明治大学講師。 おもな訳書に、ダニエル・タメット『ぼくには数字が風景に見える』、リサ・ジェノヴァ『アリスのままで』(ともに講談社)、エドワード・ケアリー『望楼館追想』『アルヴァとイルヴァ』、(ともに文藝春秋)、D・フィンケル『帰還兵はなぜ自殺するのか』『兵士は戦場で何を見たのか』(ともに亜紀書房)、M・L・ステッドマン『海を照らす光』、ラッタウット・ラープチャルーンサップ『観光』(早川書房)など他多数。2016年9月にエドワード・ケアリー『堆塵館』(東京創元社)を刊行。また、倉橋由美子作品復刊推進委員会を立ち上げる。2015年5月には倉橋由美子の単行本未収録エッセイ集『最後の祝宴』(幻戯書房)を監修する。

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/01/11 更新)アーティスト CAMIYUさん◇今夜のお客様は、先週に引き続きアーティストのCAMIYUさんをお迎えします。後半の今回も、5月25日(金)に内幸町ホールで開催されるコンサート『カミユ・シャンソン『パリの女』~エディット ピアフの楽曲より』についてお話をお聞きします。また、フランスで大ヒットしたミュージカル「Notre Dame de Paris」に唯一の日本人ダンサーとして参加されたお話から歌やダンスに対する熱い思いなど…様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!!

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/01/11 更新)アーティスト CAMIYUさん◇今夜のお客様は、先週に引き続きアーティストのCAMIYUさんをお迎えします。後半の今回も、5月25日(金)に内幸町ホールで開催されるコンサート『カミユ・シャンソン『パリの女』~エディット ピアフの楽曲より』についてお話をお聞きします。また、フランスで大ヒットしたミュージカル「Notre Dame de Paris」に唯一の日本人ダンサーとして参加されたお話から歌やダンスに対する熱い思いなど…様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!!

ゲスト  CAMIYU(カミユ)  4歳からモダンダンスを学び、アクターズ・スタジオ技法やシャンソン訳詩家の永田文夫、タンゴ歌手の前田はるみの元で発声、詩の表現を学んだ後、芸能界で女優として活動。1996年、Jean-claude GALLOTTA(ジャンクロード ガロッタ)のカンパニーメンバーに選ばれ、「Dr Rabus」「Premonition」などの作品に参加。1998年から2年間、文化庁在外芸術研修員として渡仏、フランスで大ヒットしたミュージカル「Notre Dame de Paris」に唯一の日本人ダンサーとして参加。2003年、AIKA芸術協会設立、パリで日本人アーティストの紹介や日仏文化交流イベントのプロデュースも行う。2004年、『Poisson Vague - 曖昧な魚』の振付・演出、フォンテンヌブロー・ダンスコンクールで特別賞受賞。2005年より「ボディピュリ体操」という自己整体の開発を手掛ける。2008年に帰国、現在は振付家として活動する傍ら、エディット ピアフを中心にシャンソンを言語で歌い、舞台では斬新な振付や演出で本場フランスの香りを届けている。

ゲスト CAMIYU(カミユ) 4歳からモダンダンスを学び、アクターズ・スタジオ技法やシャンソン訳詩家の永田文夫、タンゴ歌手の前田はるみの元で発声、詩の表現を学んだ後、芸能界で女優として活動。1996年、Jean-claude GALLOTTA(ジャンクロード ガロッタ)のカンパニーメンバーに選ばれ、「Dr Rabus」「Premonition」などの作品に参加。1998年から2年間、文化庁在外芸術研修員として渡仏、フランスで大ヒットしたミュージカル「Notre Dame de Paris」に唯一の日本人ダンサーとして参加。2003年、AIKA芸術協会設立、パリで日本人アーティストの紹介や日仏文化交流イベントのプロデュースも行う。2004年、『Poisson Vague - 曖昧な魚』の振付・演出、フォンテンヌブロー・ダンスコンクールで特別賞受賞。2005年より「ボディピュリ体操」という自己整体の開発を手掛ける。2008年に帰国、現在は振付家として活動する傍ら、エディット ピアフを中心にシャンソンを言語で歌い、舞台では斬新な振付や演出で本場フランスの香りを届けている。

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/1/4 更新)アーティスト CAMIYUさん◇今夜のお客様は、アーティストのCAMIYUさんをお迎えします。今回は、5月25日(金)に内幸町ホールで開催されるコンサート「カミユ・シャンソン『パリの女』~エディット ピアフの楽曲より」についてお話をお聞きします。源川さんがCAMIYUさんと初めてお会いした時のお話から、フランスを代表する歌手エディット ピアフについてお話をお聞きします。また、人生のターニングポイントになった24歳の時にパリに行くきっかけなども伺いました。どうぞ、お楽しみに!!

源川瑠々子の『星空の歌』(2018/1/4 更新)アーティスト CAMIYUさん◇今夜のお客様は、アーティストのCAMIYUさんをお迎えします。今回は、5月25日(金)に内幸町ホールで開催されるコンサート「カミユ・シャンソン『パリの女』~エディット ピアフの楽曲より」についてお話をお聞きします。源川さんがCAMIYUさんと初めてお会いした時のお話から、フランスを代表する歌手エディット ピアフについてお話をお聞きします。また、人生のターニングポイントになった24歳の時にパリに行くきっかけなども伺いました。どうぞ、お楽しみに!!

源川瑠々子の『星空の歌』(2017/12/28 更新)ミュージカル評論家 瀬川昌久先生◇今夜のお客様は、先週に引き続きミュージカル評論家の瀬川昌久先生をお迎えします。後半の今回も『2017年ミュージカル総決算』と題して、今年1年間で観劇されたミュージカルや舞台について詳しくお聞きします。後半は、ブロードウェイ作品の「アレグロ」や「パジャマゲーム」からこまつ座の「私は誰でしょう」、「きらめく星座」など…様々な作品についてお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2017/12/28 更新)ミュージカル評論家 瀬川昌久先生◇今夜のお客様は、先週に引き続きミュージカル評論家の瀬川昌久先生をお迎えします。後半の今回も『2017年ミュージカル総決算』と題して、今年1年間で観劇されたミュージカルや舞台について詳しくお聞きします。後半は、ブロードウェイ作品の「アレグロ」や「パジャマゲーム」からこまつ座の「私は誰でしょう」、「きらめく星座」など…様々な作品についてお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!

瀬川昌久(Masahisa Segawa) 1924年東京生まれ。東京大学法学部を卒業後に富士銀行に入行。駐在員として1950年代のニューヨークに滞在し、本場のジャズを研究し評論活動を開始。特に戦前ジャズのレコードの発掘と紹介を勤め、『レコードコレクターズ』誌に多数寄稿。富士銀行定年退職後は、ジャズ、レビュー、ミュージカルの舞台企画、監修、評論、解説、音楽関連レクチャーやコンサートの企画などを精力的に行う。現在は『月刊ミュージカル』(ミュージカル出版社)編集長を務める。

瀬川昌久(Masahisa Segawa) 1924年東京生まれ。東京大学法学部を卒業後に富士銀行に入行。駐在員として1950年代のニューヨークに滞在し、本場のジャズを研究し評論活動を開始。特に戦前ジャズのレコードの発掘と紹介を勤め、『レコードコレクターズ』誌に多数寄稿。富士銀行定年退職後は、ジャズ、レビュー、ミュージカルの舞台企画、監修、評論、解説、音楽関連レクチャーやコンサートの企画などを精力的に行う。現在は『月刊ミュージカル』(ミュージカル出版社)編集長を務める。

源川瑠々子の『星空の歌』(2017/12/21) ミュージカル評論家 瀬川昌久先生 今夜のお客様は、約1年振りにミュージカル評論家の瀬川昌久先生をお迎えします。今回も毎年恒例の『2017年ミュージカル総決算』と題して、今年1年間で観劇されたミュージカルや舞台で、瀬川先生一押しの作品や役者について詳しくお聞きします。前半の今回は、宝塚から三谷幸喜さん脚本の「子供の事情」、東野圭吾さん原作の舞台「ナミヤ雑貨店の奇跡」など…様々な作品についてお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!!

源川瑠々子の『星空の歌』(2017/12/21) ミュージカル評論家 瀬川昌久先生 今夜のお客様は、約1年振りにミュージカル評論家の瀬川昌久先生をお迎えします。今回も毎年恒例の『2017年ミュージカル総決算』と題して、今年1年間で観劇されたミュージカルや舞台で、瀬川先生一押しの作品や役者について詳しくお聞きします。前半の今回は、宝塚から三谷幸喜さん脚本の「子供の事情」、東野圭吾さん原作の舞台「ナミヤ雑貨店の奇跡」など…様々な作品についてお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!!

Pinterest
Search