本阿弥光悦(1558-1637)作 赤楽茶碗 銘「雪峯」(高8.9cm/口径11.9cm/高台径4.2cm/重さ450g、重要文化財、畠山美術館蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 赤楽茶碗 銘「雪峯」(高8.9cm/口径11.9cm/高台径4.2cm/重さ450g、重要文化財、畠山美術館蔵)

尾形乾山 Ogata Kenzan 『色絵吉野山文透彫反鉢』

尾形乾山 Ogata Kenzan 『色絵吉野山文透彫反鉢』

// Momoyama period Katami, Oribe

there's a certain name on this version of deign.)Momoyama period late Katami, Oribe ware (green copper glaze and bold painted design. It was the first use of colored stoneware glaze by Japanese potters.

黒楽茶碗No.32 黒楽茶碗「万代屋黒」 所蔵不明 これ以上にない落ち着きをもった黒楽であり、指折りの名品です。しかし近年までは千家秘蔵の品であったそうで、ようやく2012年に京都楽美術館において初公開されました。作風としては赤楽の「手枕」「獅子」と似ていますが、風情には「次郎坊」と似た質感があります。

黒楽茶碗No.32 黒楽茶碗「万代屋黒」 所蔵不明 これ以上にない落ち着きをもった黒楽であり、指折りの名品です。しかし近年までは千家秘蔵の品であったそうで、ようやく2012年に京都楽美術館において初公開されました。作風としては赤楽の「手枕」「獅子」と似ていますが、風情には「次郎坊」と似た質感があります。

Dish with Grapevine, Japan - Porcelain painted with cobalt blue under transparent glaze (Hizen ware; Imari type) - first half of the 17th century, Edo Period.

Dish with Grapevine, Japan - Porcelain painted with cobalt blue under transparent glaze (Hizen ware; Imari type) - first half of the century, Edo Period.

奥高麗茶碗 無銘 出光美術館蔵

奥高麗茶碗 無銘 出光美術館蔵

尾形乾山 Ogata Kenzan『色絵芦雁図透鉢』(出光美術館蔵)

尾形乾山 Ogata Kenzan『色絵芦雁図透鉢』(出光美術館蔵)

「色絵菊文透盃台尾形乾山 江戸時代18世紀前半」 サントリー美術館

「色絵菊文透盃台尾形乾山 江戸時代18世紀前半」 サントリー美術館

Pinterest
Search