My favorite house and garden - Kawai Kanjiro's house in Kyoto - 河井寛次郎記念館

新緑の京都で「河井寛次郎記念館」を訪れました。 表からは京都の町家に見えるけれど、中は深く広く、住居とスタジオと作業のための中庭と、素焼き用の竃、そして奥の傾斜に沿って登り竃がある。氏が当時仕事をして家族が暮らしていた様子そのままに保存してある貴重な場所です。 住まいと仕事場を心地よく区切る中庭。そして迫力の登り竃。手前から2番目の室から、数多くの作品が生まれたそうです。 素焼きされた陶器に釉薬をかける作業をしたスタジオ前の中庭。並んだ壷の中に釉薬。 住居部は飛騨の合掌造りの内部を思わせる、吹き抜けのあるどっしりした空間。建具や家具のディテールに民芸の重量感と京都の繊細さが同時に息づいている。 実は大学院生だった14年前に一度行っているのだけど、ほとんど印象に残っていなかった。今回あまりに感銘を受けたので「すでに28才にもなっていたわたしは、どうしてこの良さが分からなかったんだろう?」と呆れたり。たぶん、「暮らす」ことと「仕事をする」ことが一緒になっているこの心地よさを、建物の細部まで気を配ったこの住まいの暖かさを、理解してなかったのですね。若かった、、、。…

Chinese influenced mizusashi by Kawai Takeichi glazed in a soft and streaked Chun glaze with vivid accents of purple boiling up through the surface.

Chinese influenced mizusashi by Kawai Takeichi glazed in a soft and streaked Chun glaze with vivid accents of purple boiling up through the surface.

河井寛次郎作品 - 所蔵品|日本民藝館

鉛釉白流蓋付壺〈なまりぐすりしろながしふたつきつぼ〉<br> 河井寛次郎 京都・鐘渓窯 昭和時代〔日本〕 1930年<br> 23.8 x 22.0 cm No.4192

Brush stand  mid 1930s    Kawai Kanjiro , (Japanese, 1890-1966)   Showa era     Stoneware with iron glaze  W: 10.0 cm   Kyoto, Japan

Brush stand mid 1930s Kawai Kanjiro , (Japanese, 1890-1966) Showa era Stoneware with iron glaze W: 10.0 cm Kyoto, Japan

Lobed vase by Kawai Kanjiro, redish buff stoneware with variegated light blue and purple glaze, second quarter of 20th century.

Lobed vase by Kawai Kanjiro, redish buff stoneware with variegated light blue and purple glaze, second quarter of 20th century.

KANJIRO KAWAI (Japanese, 1890-1966) Glazed stoneware slab-molded sculptural vase with sand-textured body, and underglaze abstract decoration...

KANJIRO KAWAI (Japanese, 1890-1966) Glazed stoneware slab-molded sculptural vase with sand-textured body, and underglaze abstract decoration...

Pinterest
検索