baroqueさんの他のアイデア

フラワー・フォトスタイリストのはぎわらりえこです。 サロンスタイルのフラワー&フォト教室を主宰しています。 暮らしの中に、簡単に取り入れられる 花飾りのアイディアをお伝えしております。 朝晩の涼しい風、雲のカタチの変化に 秋の気配を感じるようになってきまし

Studyは、葉山のワークショップ・教室限定の貸スタジオです。 多くの方々がモノを生み出す楽しさ、大切さ、そして大変さを共に学び、新しい結びつきが生まれる場になればと思っています。

パーティに、帰省に、そしてちょっとした日常の「ありがとう」に。どんな贈り物でも喜ばれるお花のギフトはいかがですか?お花には、贈った相手が堅苦しくならない不思議な魅力があります。スペシャルなときだけではなくて、ちょっとした日常のギフトにもぴったりなんです。そんなあなたの想いを素敵に束ねてくれる、とってもおしゃれなフラワー

室内で越冬した多肉植物やローズゼラニウム、一旦は葉をぜんぶ落とした観葉植物などがぐんぐんと育ってきています。じっと我慢していた冬の表情とは違い、緑の色もはっきり鮮やか、いきいきとしている気がします。夏

kusakanmuri フラワースタイリスト | Lesson | kusakanmuri - 恵比寿 新しいスタイルのフラワーショップ

piria (ピリア)の「christmas swag 5」。iichiはハンドメイド作品のマーケットプレイスです。雑貨、アクセサリー、財布、かばん、ケース、洋服など、作家の手仕事品を安全に出品・販売・購入することができます。この作品は2014年11月26日に出品されました。(ID: 439034)

花のある暮らしを楽しむ、レース模様の美しい花器。波佐見焼とのコラボレーションによって生まれた、どこかヴィンテージの雰囲気が漂うフラワーベース、「Doily(ドイリー)」。古くから愛されている、ドイリーというレースの敷物と同じ名前を持つこの花器は、レース模様の凹凸がデザインのアクセントになっています。やきものならではの優しい雰囲気の白いカラーは、どんな草花やインテリアにもなじみます。少ない草花でも華やかにまとめやすい、口がすぼまったボトル型のフォルムもポイントです。食卓に彩りを添えたいときに。こちらの花器は

益子焼の窯元であるよしざわ窯では、毎日の食卓で使えるほっこりかわいい器たちが作られています。ぽってりとした厚みのある益子焼の特徴はそのままに、北欧風のモチーフやイタリアンのトラットリアをイメージしたりと、和風にも洋風にも使える器が揃っています。

t1126 ベルベットグリーンflowerpattern 丸皿25センチ/生活陶器「on the table」