雑煮@フランス文化勉強中

雑煮@フランス文化勉強中

雑煮@フランス文化勉強中
雑煮@フランス文化勉強中さんの他のアイデア
京都、嵐山花灯路(竹の径ライトアップ)

Kyoto 京都嵐山花灯路(竹の径ライトアップ)

東京という森に浮かぶひとつの船陰影と質感にこだわってつくり上げた“静かな家” | 100%LiFE

一際目を引く寡黙な外観 竣工後1年に満たないM邸にお邪魔した。場所は、東急東横線の駅から歩いて10分ちょっと。近くには幹線道路が走るが、周囲にはそのような立地を感じさせない閑静で落ち着いた佇まいの家並みが続く。 M邸のグレーの外壁はモルタル色粉入りしごき材仕上げ。手前の開口のない壁の左右に、それとはそれぞれ高さの異なる壁が少し奥まって立っている。この寡黙でフラットな壁面に対して、道路際に立つ表札のかかげられた塀は、薄くスライスされた石材を重ねた、質感へのこだわりを感じさせるデザインが対照的だ。 陰影のある家 玄関を入って1階の中庭のあたりにまで進むと、心地良い静けさと質感がすぐさま肌にまで浸透してくるかのよう。さきほどの外壁や塀の仕上げは、この心地良さを予告していたようにも感じられる。 しっとりと落ち着いたその空気感は、階により濃淡をもちながらこの家の大きな特徴になっている。 この空気感をつくり出すのに大きく寄与しているのが、室内のそこここにつくりだされている陰影である。 Mさんは、明るすぎる家は嫌だったと話す。…

東京という森に浮かぶひとつの船陰影と質感にこだわってつくり上げた“静かな家” | 100%LiFE

一際目を引く寡黙な外観 竣工後1年に満たないM邸にお邪魔した。場所は、東急東横線の駅から歩いて10分ちょっと。近くには幹線道路が走るが、周囲にはそのような立地を感じさせない閑静で落ち着いた佇まいの家並みが続く。 M邸のグレーの外壁はモルタル色粉入りしごき材仕上げ。手前の開口のない壁の左右に、それとはそれぞれ高さの異なる壁が少し奥まって立っている。この寡黙でフラットな壁面に対して、道路際に立つ表札のかかげられた塀は、薄くスライスされた石材を重ねた、質感へのこだわりを感じさせるデザインが対照的だ。 陰影のある家 玄関を入って1階の中庭のあたりにまで進むと、心地良い静けさと質感がすぐさま肌にまで浸透してくるかのよう。さきほどの外壁や塀の仕上げは、この心地良さを予告していたようにも感じられる。 しっとりと落ち着いたその空気感は、階により濃淡をもちながらこの家の大きな特徴になっている。 この空気感をつくり出すのに大きく寄与しているのが、室内のそこここにつくりだされている陰影である。 Mさんは、明るすぎる家は嫌だったと話す。…

東京という森に浮かぶひとつの船陰影と質感にこだわってつくり上げた“静かな家” | 100%LiFE

一際目を引く寡黙な外観 竣工後1年に満たないM邸にお邪魔した。場所は、東急東横線の駅から歩いて10分ちょっと。近くには幹線道路が走るが、周囲にはそのような立地を感じさせない閑静で落ち着いた佇まいの家並みが続く。 M邸のグレーの外壁はモルタル色粉入りしごき材仕上げ。手前の開口のない壁の左右に、それとはそれぞれ高さの異なる壁が少し奥まって立っている。この寡黙でフラットな壁面に対して、道路際に立つ表札のかかげられた塀は、薄くスライスされた石材を重ねた、質感へのこだわりを感じさせるデザインが対照的だ。 陰影のある家 玄関を入って1階の中庭のあたりにまで進むと、心地良い静けさと質感がすぐさま肌にまで浸透してくるかのよう。さきほどの外壁や塀の仕上げは、この心地良さを予告していたようにも感じられる。 しっとりと落ち着いたその空気感は、階により濃淡をもちながらこの家の大きな特徴になっている。 この空気感をつくり出すのに大きく寄与しているのが、室内のそこここにつくりだされている陰影である。 Mさんは、明るすぎる家は嫌だったと話す。…

独アウディ、2018年初頭に導入予定のEVスポーツSUV「e-トロン クワトロ コンセプト」 - Car Watch

独アウディAGは9月14日(現地時間)、フランクフルトモーターショーで世界初公開する「e-tron quattro concept(e-トロン クワトロ コンセプト)」を発表した。航続距離500kmを超える電気自動車のスポーツSUVで、2018年初頭に市場に導入予定。

「いつも通り」- 新聞広告クリエーティブコンテスト2013年度優秀賞 [しあわせ]

「いつも通り」- 新聞広告クリエーティブコンテスト2013年度優秀賞 [しあわせ] もっと見る

停車した先は崖!? 自動車の加速スピードを何よりも分かりやすく表現したVolkswagenの広告 | AdGang

停車した先は崖!? 自動車の加速スピードを何よりも分かりやすく表現したVolkswagenの広告. ドイツの自動車ブランドであるフォルクスワーゲンが実施したプリント広告をご紹介。 Golf Rという車種の新モデルの特徴である加速スピードを分かりやすく消費者に伝えるべく製作されたクリエイティブがこちら。 停車するクルマの道の先が、まるで滝のように直角に落ちているビジュアル。普通の市街地を文字通りひねることで、まったく新しい世界をつくりあげました。 コピーは、“0-100 in 5.0 seconds. New Golf R.(5秒で時速100キロへ。新しいGolf R。)” まるで崖を落下するかのごとく、5秒で100キロまで加速できるということを短いコピーで表現。アイデアのシンプルさとシャープさ、そしてエグゼキューションの作り込みも素晴らしいプリント広告

日本酒を学び、自分好みのお酒と出会えるアプリ「Sakenomy」のロゴマーク。 日本酒のラベルにスマホのカメラをかざすと、そのお酒の詳細な情報などを知ることができ、そして記録できるという、日本酒好きがもっともっと好きなる、そんなアプリですね。 そのロゴデザインは、酒の文字をお猪口のモチーフで彩っています。 このロゴのデザイナー、藤岡優里さん曰く、「『酒』という漢字をモチーフにし、利き酒の際に使用する『利き猪口』の蛇の目模様(紺色の二重丸)をイメージして作りました。いろんな日本酒を飲んで味のテイスティングをしてほしいという思いをこめています」とのこと。 なるほど、ブルーの二重丸は、定番のお猪口の底に描かれた蛇の目なのですね。 ぱっと見でわかるものだけでなく、「らしさ」をいくつも詰め込むという発想がロゴづくりには必要かも知れません。

日本酒を学び、自分好みのお酒と出会えるアプリ「Sakenomy」のロゴマーク。 日本酒のラベルにスマホのカメラをかざすと、そのお酒の詳細な情報などを知ることができ、そして記録できるという、日本酒好きがもっともっと好きなる、そんなアプリですね。 そのロゴデザインは、酒の文字をお猪口のモチーフで彩っています。 このロゴのデザイナー、藤岡優里さん曰く、「『酒』という漢字をモチーフにし、利き酒の際に使用する『利き猪口』の蛇の目模様(紺色の二重丸)をイメージして作りました。いろんな日本酒を飲んで味のテイスティングをしてほしいという思いをこめています」とのこと。 なるほど、ブルーの二重丸は、定番のお猪口の底に描かれた蛇の目なのですね。 ぱっと見でわかるものだけでなく、「らしさ」をいくつも詰め込むという発想がロゴづくりには必要かも知れません。…