Atsushi Uetani

Atsushi Uetani

京都の上谷木工で 七転八倒しながら 経営しております。 守秘義務満載で 色々な木製品を 制作しております。DやらUやらNやら・・・・そんな感じです。
Atsushi Uetani
Atsushiさんの他のアイデア
6

食われとるやないけ!っと思わず突っ込みをいれてしまうほどの脱力っぷりを見せているのは、北海道新千歳空港内のクラフトスタジオで売られている木彫りのクマ。自然界の弱肉強食をがっつり覆している。 まったくほんとにどうしてこうなった!

ロバート・フレデリック・ブラム - Google 検索

絹商人 / The Silk Merchant The Edo period through the eyes of an American painter Robert Frederick Blum 江戸時代の風景をアメリカ人画家が写してくれた #japan #design #art http://www.kurasu.org/2014/04/09/edo-american-painter/

ロバート・フレデリック・ブラム - Google 検索

飴屋 画家の解説によると、「本当にその手際は面白いものだ。きわめて単純な方法で、溶けたガラスに息を吹き込んでランプを作るように飴を形作るのだが、その仕上がりは美しく、とても真似できるものではない。確かに職人芸であるとともに十分芸術的だ」という。 明治中期に大流行した市井の風俗が飴屋(飴細工)であった。管に息を吹き込み、器用な手つきで子供相手に飴で動物などをかたどる技術を間近にした子供たちの、手品でも見るかのような驚きの視線は、外国人も同じであった。彼らには、驚異の職人芸に見えたのである。 ブルームは、来日前ヴェネツィアでガラスの工房を見たことがあった。その彼の目にも飴屋の技は驚きに映ったのである。 日本で飴屋のテーマをたびたび描いたブルームは、アメリカに帰国後、それらを集大成し、油彩による『飴屋』を権威あるナショナル・アカデミー・オブ・デザイン展に出品し好評を受ける。この飴屋はブルームの生涯の代表作となった。

ka-20029

あったかギャラリー What we value comes from what we attune to. Now, more than ever, we must awaken our sensitivity to the world. As we ponder, our attention should always be on the humane in humanity.今、我々が取りもどす必要があるもの、それは言葉や価値感の母胎である「感性」です。

ka-20028

あったかギャラリー What we value comes from what we attune to. Now, more than ever, we must awaken our sensitivity to the world. As we ponder, our attention should always be on the humane in humanity.今、我々が取りもどす必要があるもの、それは言葉や価値感の母胎である「感性」です。

ka-20027

あったかギャラリー What we value comes from what we attune to. Now, more than ever, we must awaken our sensitivity to the world. As we ponder, our attention should always be on the humane in humanity.今、我々が取りもどす必要があるもの、それは言葉や価値感の母胎である「感性」です。

ka-20026

あったかギャラリー What we value comes from what we attune to. Now, more than ever, we must awaken our sensitivity to the world. As we ponder, our attention should always be on the humane in humanity.今、我々が取りもどす必要があるもの、それは言葉や価値感の母胎である「感性」です。

ka-20025

あったかギャラリー What we value comes from what we attune to. Now, more than ever, we must awaken our sensitivity to the world. As we ponder, our attention should always be on the humane in humanity.今、我々が取りもどす必要があるもの、それは言葉や価値感の母胎である「感性」です。