建築家:渡辺貞明建築設計事務所「懐かしい新しさをつくる 和のリノベーション(木造1戸建てリノベーション)」

古民家を自分の住まいにリノベーション!

建築家:渡辺貞明建築設計事務所「懐かしい新しさをつくる 和のリノベーション(木造1戸建てリノベーション)」 もっと見る

ふすまを開くと差込口がある。 和風コンセントカバー - まとめのインテリア / デザイン雑貨とインテリアのまとめ。

ふすまを開くと差込口がある。 和風コンセントカバー

ふすまを開くと差込口がある。 和風コンセントカバー - まとめのインテリア / デザイン雑貨とインテリアのまとめ。 もっと見る

Narrow tatami

客間に明かり取りと布団の足を入れる場所を兼ねた下窓。視線をカットしながら和の雰囲気を醸し出す。上は布団を収納する押入れに活用。 棚の下にあるスノコを布団用の床下収納にしたら家事が楽になると思う。ただ、床下の通気性に気を使わなければいけないのが難点か。

床とまでいかなくても、花や季節の飾り付けができるくらいの場所が欲しい

床とまでいかなくても、花や季節の飾り付けができるくらいの場所が欲しい もっと見る

和モダン Japanese minimalism

平凡な和室が和モダンに、簡単リフォーム例

最近は一軒家でも和室がない家も増えているようですが、日本人にとって和室はとても落ちつく空間です。ただし、上手にコーディネートしないと、こたつが似合うような田舎っぽい部屋になってしまいがちです。今っぽいスタイリッシュな和室にするにはどうしたらいいのでしょうか?和室をおしゃれに見せるコツをつかんで、日本の良さを感じてみてください。

和モダンの家

和モダンの家 「川の字」の家 アーキッシュギャラリー

畳コーナー - Google 検索

畳コーナー - Google 検索

uemachi laboratory / house in mino

敷地は、古い住宅地の一角にあり、周囲を2階建ての住宅に囲まれています。 外部に眺望は期待できず、周辺の住宅からの視線をカットすることが必要であることから、当初より中庭をもつ住宅として計画を進めました。 住まい手が高齢の一人暮らしであることから、2Fは主に収納を配置、生活空間を1Fに集中させています。 結果的に高さを抑えた、ほぼ平屋の佇まいとなり、目立たない控えめな印象となることを期待しています。 アプローチから入った玄関土間の突き当たりに玄関庭 吹抜のあるリビングダイニングが面する大きな中庭 リビングダイニングから水廻りへと向かう廊下の先に北庭 北和室から中庭を眺める 2Fへの階段の覗き窓から中庭を見る 2Fの廊下から吹抜越しに中庭を眺める 家の中を移動するにつれて、庭と屋内空間との関係が移り変わっていきます。 専門家:定方三将が手掛けた注文住宅事例:箕面の住宅3のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

Pinterest
検索