.

家具の配置のコツを知って、快適なプライベート空間に!1人暮らしの応援をします♡

ルーカス・B.B.さん 『築70年の日本家屋で営む、ボーダーレスなライフスタイル』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

古い街並みや路地裏に入ると、まるで時が止まったような空間を目にすることがありますよね。築何十年も経つ古民家(日本家屋)が、リノベーションによって、生まれ変わったという話もよく耳にします。そのブームから派生するかたちで、日本の古い伝統家具も見直されてきているように思います。今回は和家具と日本の伝統インテリアの素敵なお部屋

無印良品の木製のぬくもり溢れるベット

素材の良さを大切にし、装飾や包装を簡素化した「無印良品」の商品は、男女問わず多くの人に愛されています。そんな無印良品の家具でおうちの中をすっきりさせて、豊かなスマートライフを手に入れましょう。

昭和の家屋をアレンジ創造性を発揮するクリエイターの拠点

昭和の家屋をアレンジ創造性を発揮するクリエイターの拠点

人生をフルに楽しみたい人たちへ、新しいライフスタイルマガジン『100%LiFE』。『100%LiFE』は、マガジンハウスが「スタイルのある家と暮らし」をテーマに情報発信するデジタルマガジンです。クリエイティブな感性で暮らしと空間を楽しむ人たちの交流の場となるライフスタイルメディアを目指しています。メインとなるコンテンツは、遊び心とクリエイティビティあふれる生活シーンを多様でハイクオリティな空間事例とともに紹介。またレギュラーコーナーでは、インテリア、アート、デザイン、ファッションなど、クリエイティブ分野のトレンド情報を伝えていきます。『100%LiFE』は、タブロイドPC、及びスマートフォンにも最適化し、モバイルでもストレスなく読める設計になっています。また、Newsstandアプリでのスマートフォン向け電子雑誌展開も予定しています。『100%LiFE』は、ヘーベルハウスを展開する旭化成ホームズの特別協力を受けて運営しています。web magazine of Magazine House supported by Hebel House 100 ひゃく パーセント ライフ…

ギャラリーの向こうは、穏やかな日が差し込む和室。ここで仕事をすることも。

昭和の家屋をアレンジ創造性を発揮するクリエイターの拠点

鉄筋コンクリートのモダンな建物から、元住居兼鉄工所だった木造物件へ。プロダクトデザイナーの海山さんは全く違った環境に住み替えた。

TRUCK|155. RANGE BED

ベッドの頭の部分にあるヘッドボード。本来は飾りや落下防止のためとして使われることが多いですが、収納機能が付いたヘッドボードに変えるだけで驚くほど快適になるだけでなく、生活感が出てしまうベッドまわりをスッキリさせ、部屋の雰囲気を向上させるインテリアとしても活用できるんです!ヘッドボードがついていないベッドを使っている方は要チェック。DIYでできるヘッドボードも合わせてご紹介します!

寝室

靴職人の曽田耕さんの家は、東京下町の元鉄工所。 「建物内に残っていた鉄屑を処分するのに半年、さらに半年かけて壁を削ったり和室やキッチンなどの内装工事をして、家族が住めるようになるまで約1年かかりました」 内装工事をするにあたり、必要なものがあってもまずは買わずに、元々ここにあったものを流用することにしているそうだ。たとえば、キッチンのレンジフードは元々ここで使われていた台所のシンク。棚として使われていた木製品も解体して再利用している。建具や畳などは解体された家から譲り受けたものだ。 「解体した材料は手元にストックしておきます。その材料で作れば、わざわざ材料を買いにDIYショップに行く必要もないので時間がかからないのがいいんです。ここに棚が欲しいって思ったら、パパッと作れてしまいますから。不要になったら撤去するのも気が楽です(笑)」 もちろんそこには曽田さん流のこだわりもある。 「どこどこのなになに、とわかるものは好きではないんです。メーカー名は見せたくないですし、書いてあったら消してしまいます(笑)。違和感を感じるセンサーは常に持っていたいと思っています」…


その他のアイデア
Pinterest
検索