飯塚千尋さんの他のアイデア
夏目漱石「夢十夜」第九夜

世の中が何となくざわつき始めた。今にも戦争(いくさ)が起りそうに見える。焼け出された裸馬(はだかうま)が、夜昼となく、屋敷の周囲(まわり)を暴(あ)れ廻(まわ)ると、それを夜昼となく足軽(あしがる)…

夏目漱石「夢十夜」第十夜

庄太郎(しょうたろう)が女に攫(さら)われてから七日(なのか)目(め)の晩にふらりと帰って来て、急に熱が出てどっと、床(とこ)に就いているといって健(けん)さんが知らせに来た。 庄太郎は町内一の好(…

夏目漱石「夢十夜」第五夜

こんな夢を見た。 何(なん)でもよほど古い事で、神代(かみよ)に近い昔と思われるが、自分が軍(いくさ)をして運悪く敗北(まけ)たために、生擒(いけどり)になって、敵の大将の前に引き据えられた。 その…

夏目漱石「夢十夜」第一夜 イラスト:米澤章憲

こんな夢を見た。 腕組をして枕元(まくらもと)に坐(すわ)っていると、仰向(あおむき)に寝た女が、静かな声でもう死にますという。女は長い髪を枕に敷いて、輪廓(りんかく)の柔らかな瓜実顔(うりざねがお…

スペイン語目, セビリアスペイン, ヘッドカバー, スカーフ, スペイン風, フォーク, フェミニン, 美しい画像, 黒のドレス, 聖木曜日, セマナサンタ, 少しドレス, スペインのマンティージャ, 永遠のフェミニン, スペインの芸術, Spanish Veil, Black Dress, Holy Thursday, Little Dress, Spanish Mantilla, Eternal Feminine, Spanish Art

金魚電話ボックスin大阪。

金魚電話ボックスin大阪。 もっと見る

漱石自筆の猫画「あかざと黒猫図」=神奈川近代文学館蔵

「猫」一章には、「筋向(すじむこう)の白君」「隣りの三毛君」「車屋の黒」と、何匹もの雄猫が出てくる。二章には、愛らしい、「二絃琴の御師匠さんの所(とこ)の三毛子」も登場する。いずれも毛の色と名前が対

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)6月11日、43歳の漱石は、ふと思い立って上野で催されている2つの絵画展へ出かけた。白馬会と太平洋画会の2つである。江戸川橋から上野広小路へと向...