画像

砂の落ち具合で時間を測ることができる砂時計は、アナログなアイテムでありながらも、現在もさまざまなシーンで愛用され続けているアイテムです。そんな砂時計の特性を活かして考案されたランプ「15-minutes」を今回は紹介したいと思います。

Perrocaliente(ペロカリエンテ) Tempo Drop

科学のインテリア。Perrocaliente(ペロカリエンテ) Tempo Drop

ストームグラスは19世紀に航海士等が使用していた天候予測器です。樟脳(クスノキのエキス)やエタノール等をガラス管に密封して作られており、気候の変化に反応して起きる結晶を観察するものとして、19世紀ヨーロッパで天候の予測に役立てられていました。ジュール・ヴェルヌの小説『海底二万マイル』に出てくるノーチラス号の中にも設置されています。いまだ結晶と天気との関係は科学的に解明されていませんが、気温変化によって結晶の様子が変化します。 その不思議な科学的現象をオブジェにしたのがこの「TEMPO DROP」。美しい雫をイメージしたガラスは、インテリアオブジェとしても美しく、ブナ材の木座がつき安定感があります。ガラスをしっかりと保護したパッケージ入り。贈り物にもおすすめです。 季節によって景色が変わるように、日々変化する結晶の様子を『Tempo』でお楽しみください。 【サイズ】 約 φ115×205mm 【素材/材料】硼珪酸ガラス、水 、 エタノール、天然樟脳 【原産国】中国、日本

Pinterest
検索