日本家屋、和室、畳 / japanese house

フローリングのお部屋も増えましたが、畳はやはり落ち着きますよね。畳は日本で昔からあるもので、通気性もいいし、柔らかさもあって、温かみもある。一部屋は和室がほしいという方が多いです。畳の部屋というと古いイメージがありますが、日本らしさを生かした部屋、モダン風、個性がある部屋など色んなタイプのお部屋があるんです♪自分に合う

Japanese traditional style house / 稲葉家下屋敷(いなばけ しもやしき) Like our old house in Kyoto where I grew up!

Japanese traditional style house / 稲葉家下屋敷(いなばけ しもやしき) Like our old house in Kyoto where I grew up! More

ゴミ箱/モノトーン/白黒/キッチンのインテリア実例 - 2015-02-12 11:03:24 | RoomClip(ルームクリップ)

はじめまして( ´ ▽ ` )ノ穴ポコありゴミ箱って、めちゃ便利そう!!どこのものですか?教えてください♡ コメント返信 ruireikaiさん ruireikai 2015-02-12 18:16:39 開けなくていいので便利ですよ!うちは、よく使うティッシュと、ビールの缶捨てでつかってます!メーカーを忘れてしまったんですが、楽天にも売ってました!ちなみに、箱も大きさが色々あって、蓋が別売りで選べるんです!かなりオススメです!メーカーわからなくてすみません涙ゴミ箱/モノトーン/白黒/キッチンのインテリア実例 - 2015-02-12 11:03:24 | RoomClip(ルームクリップ)

築140年の古民家リノベーション実例

縁側のひだまりで猫が丸まっていたり、畳にざぶとんだったり、ほうきや古道具があったり。和風のお部屋はとても素敵ですが、日本家屋を少し現代風にリノベーションしたような、和モダンなインテリアもおしゃれですよね。玄関のペンダントライトがレトロだったり、ガラス戸だったり。おばあちゃんや両親から受け継いだ家具も、現代のモノと合わせ

柿渋を塗った杉板の床。長い縁側の奥にはピエール・ガリッシュのソファ。青い色が和の空間に映える。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

東方

背の高い窓, 窓の壁, 木製のインテリア, 日本のデザイン, オープンスペース, 建築芸術, 家の設計, 東京, インテリア

古民家様式

名古屋市 Analogue Lifeでの企画展「Tradition Refined」の初日の風景のご紹介です。 「Tradition Refined」An exhibition of works from Sゝゝ+DOUGUYA 2012年 3月10日(土)~20日(火) 12:00~19:00 [期間中無休] 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F http://www.analoguelife.com/ 是非、脚をお運びください。

Pinterest
検索