by アツシ Imagining how much care was taken to arrange these dandelion seed heads. Amazing.

秘法//植物の巧みな造作や繁殖の仕組みをよく「植物の知恵」と呼ぶが、その言い方はどうもピンと来ない。 植物には脳味噌は見当たらないし、仮に植物に考える力があったとしても、その進化は生態系全体の調和を図りながら行われることで、草木単体の知恵というより、自然界全体を統合する何者かの秘法のように思えるからだ。 野原に昼行燈のように浮かぶタンポポの綿帽子。その精巧で美しい落下傘のひとつひとつも、地上の風や重力を知り抜いて創られ、あれより僅かに重くても軽くてもいけない。 もっと見る

Ikebana

2012年4月8日(日) 清雅のうちに華やぎがあります。 花=御輪椿(ゴリンツバキ) 器=青銅王子形水瓶(六朝時代,229~589 AD.)Toshiro Kawase / Love the way this arrangement is balanced. It has so much movement.

川瀬敏郎 Toshiro Kawase

お探しのページが見つかりません。ご指定のURLは、変更になった可能性があります。

一日一花 One Flower a Day – 川瀬敏郎 Kawase Toshiro

✿ ❤ İkebana 一日一花 One Flower a Day – 川瀬敏郎 Kawase Toshiro

一日一花 One Flower a Day – 川瀬敏郎 Kawase Toshiro

✿ ❤ İkebana 一日一花 One Flower a Day – 川瀬敏郎 Kawase Toshiro

Toshiro Kawase Ikebana

2012年3月1日(木) 関西では「有楽(ウラク)」椿と呼びます。 花=椿「太郎冠者」(ツバキ/タロウカジャ)、山茱萸(サンシュユ) 器=須恵器高杯(古墳時代)

2012年2月13日(月) 利休は長く咲き続ける花を嫌いましたが、冬にはありがたいものです。 花=菊(キク)、夏椿(ナツツバキ) 器=金銅華瓶(鎌倉時代)

ページが見つかりません | 新潮社


その他のアイデア
Pinterest
検索