Movie

107 Pins
 3d
Collection by
Mother water(ウィスキーづくりの最初の工程で加える水、日本酒づくりでの仕込み水)。タイトルを聞いた時、単純に『母の水』と思っていたが、そんな意味もある。ウイスキーしかおいてないBARを営むセツコ(小林聡美)、豆腐店を営むハツミ(市川��実日子)、疏水沿いでカフェを営むタカコ(小泉今日子)。それぞれが1人で気ままに店をやっている。赤ちゃんのいる銭湯に現れる謎の女、マコト(もたいまさこ)。家具屋のやまのは(加瀬亮)など、彼らの住む街のある初春の話。
書家、水墨作家 三島真智子さんが語る今月の映画。『マザーウォーター』【極私的・偏愛映画論 vol.99】 | & Premium (アンド プレミアム)
Mother water(ウィスキーづくりの最初の工程で加える水、日本酒づくりでの仕込み水)。タイトルを聞いた時、単純に『母の水』と思っていたが、そんな意味もある。ウイスキーしかおいてないBARを営むセツコ(小林聡美)、豆腐店を営むハツミ(市川実日子)、疏水沿いでカフェを営むタカコ(小泉今日子)。それぞれが1人で気ままに店をやっている。赤ちゃんのいる銭湯に現れる謎の女、マコト(もたいまさこ)。家具屋のやまのは(加瀬亮)など、彼らの住む街のある初春の話。
&Premium
&Premium
『唐長』十一代目(唐紙屋長右衛門)の千田堅吉さん、芸術人類学者の鶴岡真弓さん、〈エルメス〉アーティスティック・ディレクターのピエール=アレクシィ・デュマさん、〈ミナ ペルホネン〉デザイナーの皆川明さん——2024年春、さまざまな人と場所を巡り、文様にかたどられたフィシス(あるがままの自然)を辿るドキュメンタリー映画『フィシスの波文』が公開される。
ピエール=アレクシィ・デュマさん、皆川明さんらが出演。映画『フィシスの波文』がまもなく公開。 | & Premium (アンド プレミアム)
『唐長』十一代目(唐紙屋長右衛門)の千田堅吉さん、芸術人類学者の鶴岡真弓さん、〈エルメス〉アーティスティック・ディレクターのピエール=アレクシィ・デュマさん、〈ミナ ペルホネン〉デザイナーの皆川明さん——2024年春、さまざまな人と場所を巡り、文様にかたどられたフィシス(あるがままの自然)を辿るドキュメンタリー映画『フィシスの波文』が公開される。
&Premium
&Premium
「タイニーハウス」という言葉を聞いたことはあったが、それがいつ頃どんな風に生まれ、ムーブメントにまで発展したかは知らずにいた。日本語では「小さな家」。知らないながらも何か自由にまつわるものなのだろうと考えた。狭いからといって窮屈だとは限らないし、ましてや不自由だとは決められない。なぜならその小ささには理由があり、住人それぞれが自分の手で選び取ったものだからだ。自らもタイニーハウスビルダーである竹内友一さんプロデュースによるドキュメンタリー『simplife』を観れば、アメリカ西海岸を中心としたいくつものユニークな実践と出会うことが出来る。タイニーハウスと一口にいっても、建物の形や構造、立地、自動車で牽引するモバイル型かどうか、一人暮らし、カップルや家族での同居、コミュニティでの緩やかな共同生活等の住まい方、定義さえも多岐にわたる。インタビューに答える人々は皆いきいきとして、いかに自身の家が身の丈に合っているか、その結果新しい扉が開かれ、今が充実しているかを話す。小さな空間の先に視界が広がっていく開放感に満ちている。もちろん、困難がない訳でもないが、限られた要素を活かし切る細かな工... Culture, Movies, Films, Cinema, Movie, Film, Movie Quotes, Movie Theater, Cinematography
〈unefig.〉主宰の山本千夏さんが語る今月の映画。『simplife』【極私的・偏愛映画論 vol.98】 | & Premium (アンド プレミアム)
「タイニーハウス」という言葉を聞いたことはあったが、それがいつ頃どんな風に生まれ、ムーブメントにまで発展したかは知らずにいた。日本語では「小さな家」。知らないながらも何か自由にまつわるものなのだろうと考えた。狭いからといって窮屈だとは限らないし、ましてや不自由だとは決められない。なぜならその小ささには理由があり、住人それぞれが自分の手で選び取ったものだからだ。自らもタイニーハウスビルダーである竹内友一さんプロデュースによるドキュメンタリー『simplife』を観れば、アメリカ西海岸を中心としたいくつものユニークな実践と出会うことが出来る。タイニーハウスと一口にいっても、建物の形や構造、立地、自動車で牽引するモバイル型かどうか、一人暮らし、カップルや家族での同居、コミュニティでの緩やかな共同生活等の住まい方、定義さえも多岐にわたる。インタビューに答える人々は皆いきいきとして、いかに自身の家が身の丈に合っているか、その結果新しい扉が開かれ、今が充実しているかを話す。小さな空間の先に視界が広がっていく開放感に満ちている。もちろん、困難がない訳でもないが、限られた要素を活かし切る細かな工...
&Premium
&Premium
『メアリー&マックス』は、私が暮らしたオーストラリアのメルボルンと��ニューヨークが舞台の映画です。近所の町が舞台になっていることにも、ぐっと親近感が湧きました。はじめは寂しいストーリーだなと思いましたが、観続けるうちに、人間の複雑な心情をユーモアたっぷりに描いた世界観に魅了されました。なおかつ、話の途中に出てくるお菓子も面白く、笑いあり涙ありの大好きな映画になりました。 Mary And Max
菓子研究家の田中博子さんが語る今月の映画。『メアリー & マックス』【極私的・偏愛映画論 vol.97】 | & Premium (アンド プレミアム)
『メアリー&マックス』は、私が暮らしたオーストラリアのメルボルンとニューヨークが舞台の映画です。近所の町が舞台になっていることにも、ぐっと親近感が湧きました。はじめは寂しいストーリーだなと思いましたが、観続けるうちに、人間の複雑な心情をユーモアたっぷりに描いた世界観に魅了されました。なおかつ、話の途中に出てくるお菓子も面白く、笑いあり涙ありの大好きな映画になりました。
&Premium
&Premium
納得できないけど抗えない。クライアントの意向に会社の指示。仮にそれらを優先し評価を得たとしても、自分の中にある思いは生煮え、いや、火にかかってもいずに冷たいままだ。そんな状態で働き続けたらいつか自分は凍え死ぬ。そう思い、30代半ばで会社を辞めた。じゃ、自分の思いって何なのか。本当は何がしたいのか。フリーランスのライターになって得た自由な時間を、しばらく旅に費やした。ある日旅先のポルトガルで出会ったご夫婦は、庭にある薪釜でパンを焼き、肉料理を仕込み、客人である私をもてなしてくれた。まるで夫婦そのものでもあるその料理をいただきながら、自分が探りたいのはこれだと気がついた。以来、暮らしの中にある料理と人を取材するのが、私のライフワークになっている。
ポルトガル料理研究家、文筆家 馬田草織さんが語る今月の映画。『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』【極私的・偏愛映画論 vol.96】 | & Premium (アンド プレミアム)
納得できないけど抗えない。クライアントの意向に会社の指示。仮にそれらを優先し評価を得たとしても、自分の中にある思いは生煮え、いや、火にかかってもいずに冷たいままだ。そんな状態で働き続けたらいつか自分は凍え死ぬ。そう思い、30代半ばで会社を辞めた。じゃ、自分の思いって何なのか。本当は何がしたいのか。フリーランスのライターになって得た自由な時間を、しばらく旅に費やした。ある日旅先のポルトガルで出会ったご夫婦は、庭にある薪釜でパンを焼き、肉料理を仕込み、客人である私をもてなしてくれた。まるで夫婦そのものでもあるその料理をいただきながら、自分が探りたいのはこれだと気がついた。以来、暮らしの中にある料理と人を取材するのが、私のライフワークになっている。
&Premium
&Premium
『グラン・ブルー』に出合ったのは、高校生のとき。憧れの先輩に勧められて観賞したのがきっかけでした。フリーダイビングの第一人者、ジャック・マイヨールが歩んだ生き方にフォーカスをあてながら、世界記録に挑む2人のフリーダイバーの愛と友情とプライドについて丁寧に描かれた作品です。
セラピスト、フレグランスコーディネーター 山野辺 喜子さんが語る今月の映画。『グラン・ブルー』【極私的・偏愛映画論 vol.95】 | & Premium (アンド プレミアム)
『グラン・ブルー』に出合ったのは、高校生のとき。憧れの先輩に勧められて観賞したのがきっかけでした。フリーダイビングの第一人者、ジャック・マイヨールが歩んだ生き方にフォーカスをあてながら、世界記録に挑む2人のフリーダイバーの愛と友情とプライドについて丁寧に描かれた作品です。
&Premium
&Premium
エレガンスというと、頭に浮かぶのは、20代の終わりに出合ったカリグラファーであり、大使夫人でもあった女史だ。彼女は文字の歴史から文字に対する振舞いを惜しみなく教えてくれた。文字に配慮し、物書きに敬意を払い、言葉を扱う。そして姿勢、筋肉、呼吸法といったフィジカル面からも美しく書く技術を身につける。技術や教養を学び続ける先にある精神的自立。自立によって自己を大切にする心が芽生え、やがて他者を慮る力が生まれる。いまもなお、歴史に埋もれた書体に光をあて、研鑽を積む姿は門生の手本でもあり、彼女ほどエレガンスという言葉が似合う人はいない。 People Icon, Line Art Drawings, Banner, Pets, Banner Stands
〈smbetsmb〉アートディレクター 新保美沙子さんが語る今月の映画。『Rams』【極私的・偏愛映画論 vol.94】 | & Premium (アンド プレミアム)
エレガンスというと、頭に浮かぶのは、20代の終わりに出合ったカリグラファーであり、大使夫人でもあった女史だ。彼女は文字の歴史から文字に対する振舞いを惜しみなく教えてくれた。文字に配慮し、物書きに敬意を払い、言葉を扱う。そして姿勢、筋肉、呼吸法といったフィジカル面からも美しく書く技術を身につける。技術や教養を学び続ける先にある精神的自立。自立によって自己を大切にする心が芽生え、やがて他者を慮る力が生まれる。いまもなお、歴史に埋もれた書体に光をあて、研鑽を積む姿は門生の手本でもあり、彼女ほどエレガンスという言葉が似合う人はいない。
&Premium
&Premium
「お茶漬け」は、日常の素朴な生活を連想させる言葉である。個人的な好みは、『加島屋』の「さけ茶漬」。刻んだ焼き海苔と熱い煎茶で、軽く3杯はいける。健康食にうるさい母に、よく噛みなさいと言われたものだが、言わずもがな、この食べ物はかき込んで食べるからこそ、おいしさが増すのである。 Illustrations, Portrait, Headshot Photography, Illustration, Portrait Paintings
建築デザイナー 福岡みほさんが語る今月の映画。『お茶漬けの味』【極私的・偏愛映画論 vol.93】 | & Premium (アンド プレミアム)
「お茶漬け」は、日常の素朴な生活を連想させる言葉である。個人的な好みは、『加島屋』の「さけ茶漬」。刻んだ焼き海苔と熱い煎茶で、軽く3杯はいける。健康食にうるさい母に、よく噛みなさいと言われたものだが、言わずもがな、この食べ物はかき込んで食べるからこそ、おいしさが増すのである。
&Premium
&Premium
モダニズム建築の宝庫として知られるアメリカのインディアナ州コロンバスを舞台に、交錯する人間模様を描いたコゴナダ監督初めての長編映画。出版社で翻訳の仕事をするジンと、図書館で働くケイシーがコロンバスで偶然出合い、建築を介して変化していく心の機微が描かれています。 Columbus, Shirts
『曲線』店主 菅原 匠子さんが語る今月の映画。『コロンバス』 【極私的・偏愛映画論 vol.92】 | & Premium (アンド プレミアム)
モダニズム建築の宝庫として知られるアメリカのインディアナ州コロンバスを舞台に、交錯する人間模様を描いたコゴナダ監督初めての長編映画。出版社で翻訳の仕事をするジンと、図書館で働くケイシーがコロンバスで偶然出合い、建築を介して変化していく心の機微が描かれています。
&Premium
&Premium
大きな事件も起こらず、美女もヒーローも出てこない。全然インドらしくない、とても静かな作品です。でも、インドの今がしっかりと描かれています。舞台はインド最大の都市・ムンバイ。ムンバイは仕事で何度か訪れたことのある街ですが、私はこれほど活気のある両極の街を見たことがありません。 Easy Drawings, Black And White Doodle, Doodle Illustration
『Rungta』オーナー 波賀真由美さんが語る今月の映画。『あなたの名前を呼べたなら』 【極私的・偏愛映画論 vol.91】 | & Premium (アンド プレミアム)
大きな事件も起こらず、美女もヒーローも出てこない。全然インドらしくない、とても静かな作品です。でも、インドの今がしっかりと描かれています。舞台はインド最大の都市・ムンバイ。ムンバイは仕事で何度か訪れたことのある街ですが、私はこれほど活気のある両極の街を見たことがありません。
&Premium
&Premium
踊るように生きていきたい。そう思わせてくれたのは幼少期に出会った映画『コーラスライン』。ブロードウェイのスターを夢見る若きダンサーたちのエネルギーとオーディ��ション風景をセンセーショナルに描いた作品だ。幼い頃の私は、美しく魅惑的な世界に陶酔する時間が必要だった。小学校から帰るとすぐにビデオテープをセットして、『コーラスライン』を観ながら一緒にステップを踏むという日々を送っていた。 A Chorus Line, Cute Stickers, Doodles
〈humoresque〉デザイナー 渡辺由夏さんが語る今月の映画。『コーラスライン』極私的・偏愛映画論 vol.90 | & Premium (アンド プレミアム)
踊るように生きていきたい。そう思わせてくれたのは幼少期に出会った映画『コーラスライン』。ブロードウェイのスターを夢見る若きダンサーたちのエネルギーとオーディション風景をセンセーショナルに描いた作品だ。幼い頃の私は、美しく魅惑的な世界に陶酔する時間が必要だった。小学校から帰るとすぐにビデオテープをセットして、『コーラスライン』を観ながら一緒にステップを踏むという日々を送っていた。
&Premium
&Premium
隈研吾やNIGO、マーク・ニューソンなどさまざまなクリエイターを巻き込み、渋谷区の公共トイレの再設計に取り組む日本財団のプロジェクト「THE TOKYO TOILET」。プロジェクト発案・資金提供者であるファーストリテイリング取締役グループ上席執行役員の柳井康治さんは、「東京を訪れるあらゆる人に対して、世界に誇れるものを表現したいと考え、見落とされがちな公共トイレに世界最高峰のクリエイティビティを注入することで、人々の意識変容を起こしたいと思いました」と話す。 Sou Fujimoto, Shigeru Ban, Kengo Kuma, Toyo Ito, Tadao Ando, Prix Pritzker, Pritzker Prize, Wim Wenders Film, Toilet Design
渋谷区にできた美しいトイレが世界的名監督によって映画化!ヴィム・ヴェンダースが作品に込める想いとは。 | & Premium (アンド プレミアム)
隈研吾やNIGO、マーク・ニューソンなどさまざまなクリエイターを巻き込み、渋谷区の公共トイレの再設計に取り組む日本財団のプロジェクト「THE TOKYO TOILET」。プロジェクト発案・資金提供者であるファーストリテイリング取締役グループ上席執行役員の柳井康治さんは、「東京を訪れるあらゆる人に対して、世界に誇れるものを表現したいと考え、見落とされがちな公共トイレに世界最高峰のクリエイティビティを注入することで、人々の意識変容を起こしたいと思いました」と話す。
&Premium
&Premium
『ゴッドファーザー』を観ると、たまらなくワインが飲みたくなる。そんな記憶を頼りに観たら、こんなに美しい映画だったかしらとびっくりした。冒頭の結婚式のシーンが好きだ。フルーツを浮かべたワインを水のように飲みながら、老若男女が歌って踊り、笑う。心をイタリアに宿す人びとの営みがドキュメンタリーのように自然で、なんだか涙が出そうになる。 The Godfather, Texture, Design, Printmaking
極私的・偏愛映画論『ゴッドファーザー』 - 選・文 / 藤原奈緒(料理家、エッセイスト) | & Premium (アンド プレミアム)
『ゴッドファーザー』を観ると、たまらなくワインが飲みたくなる。そんな記憶を頼りに観たら、こんなに美しい映画だったかしらとびっくりした。冒頭の結婚式のシーンが好きだ。フルーツを浮かべたワインを水のように飲みながら、老若男女が歌って踊り、笑う。心をイタリアに宿す人びとの営みがドキュメンタリーのように自然で、なんだか涙が出そうになる。
&Premium
&Premium
何年もの長い間そこに生きてきたであろう古い樹に出合ったら、私は迷わず両手を広げて抱きしめる。樹からもするすると手が伸びてきてこちらを包んでくれるようなやすらぎを感じる。それは街でも家屋でも。家具や道具や食器、衣服や布も。古い物たち全てからぬくもりが伝わり、愛おしさがこみあげてくる。 Wooden Clogs, Cool Art, Indie
〈martau.〉デザイナーの滝沢うめのさんが語る今月の映画。『木靴の樹』 極私的・偏愛映画論 vol.86 | & Premium (アンド プレミアム)
何年もの長い間そこに生きてきたであろう古い樹に出合ったら、私は迷わず両手を広げて抱きしめる。樹からもするすると手が伸びてきてこちらを包んでくれるようなやすらぎを感じる。それは街でも家屋でも。家具や道具や食器、衣服や布も。古い物たち全てからぬくもりが伝わり、愛おしさがこみあげてくる。
&Premium
&Premium
歴史や文化が凝縮する京都。ここは学生の街とも言われている。人口に対する学生数の割合の高さは全国一だ。大学が集積するエリアにはおいしく安く食べられるお店や銭湯がいくつもある。市内の南北にゆったりと鴨川が流れて、街中にいても大文字山が見える。ここで大学生活を送れたらそれは楽しいだろうなと思っていたが、かくいうわたしも昨年から京都の大学に籍をおく学生になった。わたしが在籍する大学のキャンパスの南の端っこにはイチョウ並木があり、その奥に木造二階建ての恐ろしく古い建物が佇んでいる。ここは築100年を超える日本最古の学生寮で、寮生たちの自治会によって運営されてきた。 Wonderwall, Painting Art
写真家・佐々木知子さんが語る今月の映画。『ワンダーウォール 劇場版』極私的・偏愛映画論 vol.87 | & Premium (アンド プレミアム)
歴史や文化が凝縮する京都。ここは学生の街とも言われている。人口に対する学生数の割合の高さは全国一だ。大学が集積するエリアにはおいしく安く食べられるお店や銭湯がいくつもある。市内の南北にゆったりと鴨川が流れて、街中にいても大文字山が見える。ここで大学生活を送れたらそれは楽しいだろうなと思っていたが、かくいうわたしも昨年から京都の大学に籍をおく学生になった。わたしが在籍する大学のキャンパスの南の端っこにはイチョウ並木があり、その奥に木造二階建ての恐ろしく古い建物が佇んでいる。ここは築100年を超える日本最古の学生寮で、寮生たちの自治会によって運営されてきた。
&Premium
&Premium
シンプルなモノに惹かれます。それは、飽きのこない、そう、何気ない日常のようなモノ。使い続けていくと心身に馴染み、モノの形、その奥にある様々な表情を見せてくれるから。映画は好きな作品を繰り返し観ることが多いです。その時その時の気分、感じ方で、新しい発見があり、それにより自分の現在地を知ることが出来るから。 Scene, Art
『CAFÉ BARNEY』オーナー・原田雅之さんが語る今月の映画。『あの夏、いちばん静かな海』極私的・偏愛映画論 vol.88 | & Premium (アンド プレミアム)
シンプルなモノに惹かれます。それは、飽きのこない、そう、何気ない日常のようなモノ。使い続けていくと心身に馴染み、モノの形、その奥にある様々な表情を見せてくれるから。映画は好きな作品を繰り返し観ることが多いです。その時その時の気分、感じ方で、新しい発見があり、それにより自分の現在地を知ることが出来るから。
&Premium
&Premium
舞台であるパターソンという街はアメリカ・ニュージャージー州に実在する都市で、劇中の路線バスも本物。主人公の名もまたパターソン。彼はバスの運転手をしながら日々「秘密のノート」に詩を書き連ねる。 Kyoto, Draw, Line Art, Art Drawings, Drawings
『雨と休日』店主 寺田俊彦さんが語る今月の映画。『パターソン』 極私的・偏愛映画論 vol.89 | & Premium (アンド プレミアム)
舞台であるパターソンという街はアメリカ・ニュージャージー州に実在する都市で、劇中の路線バスも本物。主人公の名もまたパターソン。彼はバスの運転手をしながら日々「秘密のノート」に詩を書き連ねる。
&Premium
&Premium
Wedding Illustration, Portrait Illustration, Children Illustration, Graphic Design Illustration, Character Illustration, Line Drawing
『眺めのいい部屋』 - 選・文/長島有里枝(写真家)
Line Illustration, Pretty Drawings, Grand Budapest, Budapest Hotel, Henn Kim, Human Body Drawing
『グランド・ブダペスト・ホテル』 - 選・文/福田里香(お菓子研究家)
Simple Illustration, Graphic Illustration, Miharu, Cute Sketches, Cute Easy Drawings, Black And White Pictures, Cute Images, Artsy
『お早よう』 - 選・文/岡本仁(編集者)
Peace Gesture, Sketches, Graphic, Root, Tattoo Ideas
『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』 - 選・文/ほしよりこ(漫画家)
Okay Gesture, Body Action, Human Body, Tumblr
『サンドラの週末』 - 選・文/小柳帝(ライター、編集者)
Sketches Of People, Cartoon People, Male Sketch, Black And White, Sketching, Simple
『スモーク』 - 選・文/松村純也(〈旅ベーグル〉店主)
Ui Ux Design, Wallpaper Quotes
『ブエノスアイレス』 - 選・文/在本彌生(写真家)
Ink, Painting
『結婚記念日』 - 選・文/平野太呂(写真家)
Coffy, Home Decor Decals
『コフィー』 - 選・文/渋谷直角(マンガ家、コラムニスト)
『ピニェロ』 - 選・文/紺野真(〈organ〉オーナー)
『ピニェロ』 - 選・文/紺野真(〈organ〉オーナー)
Betty Blue, Simple Lines
『ベティ・ブルー /愛と激情の日々』 - 選・文/ひがしちか(日傘作家、コシラエル主宰)
Groundhog Day, Snoopy, Fictional Characters, Embroidered Clothes
『恋はデジャ・ブ』 - 選・文/塩川いづみ(イラストレーター)
Drawing Feelings, Black And White Illustration, Doodling, Mascot
『チャンス』 - 選・文/小池アミイゴ(イラストレーター)