When autocomplete results are available use up and down arrows to review and enter to select. Touch device users, explore by touch or with swipe gestures.

Lifestyle

179 Pins
 1w
Collection by
本誌で「パリのサンドイッチ調査隊」を連載中の川村明子さんの住まいは、1920年代に完成したアパルトマンだ。「二間続きのリビングと寝室、独立型のキッチンと浴室があり、広さは72㎡。不動産サイトで見つけて2008年に入居しました」 リビングと寝室は南向き。冬でも昼前から、室内に燦々と光が�入る。「内見のときに、台所に日が差していたのが決め手でした」と川村さん。
フランスのテロワールを身近に感じながら。パリに暮らす文筆家・川村明子さんの部屋づくり。 | & Premium (アンド プレミアム)
本誌で「パリのサンドイッチ調査隊」を連載中の川村明子さんの住まいは、1920年代に完成したアパルトマンだ。「二間続きのリビングと寝室、独立型のキッチンと浴室があり、広さは72㎡。不動産サイトで見つけて2008年に入居しました」 リビングと寝室は南向き。冬でも昼前から、室内に燦々と光が入る。「内見のときに、台所に日が差していたのが決め手でした」と川村さん。
&Premium
&Premium
Aoyagi’s House 15坪の狭小地をムダなく使う4層構造。
Aoyagi’s House_15坪の狭小地をムダなく使う4層構造。とにかく「しまう家」の、 アイデアと工夫。 | & Premium (アンド プレミアム)
Aoyagi’s House 15坪の狭小地をムダなく使う4層構造。
&Premium
&Premium
最大の特徴は、洗面所、トイレ、バスルーム、脱衣所、洗濯機置き場、そのどれもがちゃんとは独立していないこと。鏡が開閉可能な壁を兼ね、一枚のドアが脱衣所のドアにも洗濯機置き場のドアにもなる。屋上に繋がる階段はバスルームの一部で、そこで体も洗える。「我が家では何かが何かを兼ねてくれないと、生活スペースは狭くなるばかり。でも『いたしかたなく』ではなく『ムダを省いた』ポジティブな設計なんです」(綾夏さん)。“兼ねる”は青柳邸の随所に見られるが、清潔を心がければ、水回りでもそれが叶う。脱衣スペースの壁に設置した〈旭イノベックス〉のタオルウォーマーが除湿にも有効。 Column, House, Home, Homes, Houses
Sanitary Space_兼ねるアイデアを駆使した、スリム構成。とにかく「しまう家」の、 アイデアと工夫。 | & Premium (アンド プレミアム)
最大の特徴は、洗面所、トイレ、バスルーム、脱衣所、洗濯機置き場、そのどれもがちゃんとは独立していないこと。鏡が開閉可能な壁を兼ね、一枚のドアが脱衣所のドアにも洗濯機置き場のドアにもなる。屋上に繋がる階段はバスルームの一部で、そこで体も洗える。「我が家では何かが何かを兼ねてくれないと、生活スペースは狭くなるばかり。でも『いたしかたなく』ではなく『ムダを省いた』ポジティブな設計なんです」(綾夏さん)。“兼ねる”は青柳邸の随所に見られるが、清潔を心がければ、水回りでもそれが叶う。脱衣スペースの壁に設置した〈旭イノベックス〉のタオルウォーマーが除湿にも有効。
&Premium
&Premium
キッチンから連続するリビングダイニングルームは、8畳あるかないか。それでも「キッチンの冷蔵庫と同様に、見た目のノイズになりがちなテレビも、扉の中に収納することにしたら、それだけで感覚的に広々。テーブルや窓は大きく、でもソファは置かないなど差し引きして、バランスを取るようにもしています。ぬいぐるみなどは寝室に飾っていますが、子どもの学習関連のものは、まだそう多くはないので、それらはいったん表に出さない暮らしを試しています」と創さんは話す。テラスや吹き抜けから入る光が珪藻土の天井や壁、マットなホワイトオーク材の床にやさしく反射するのも、部屋を伸びやかに見せるのにひと役買っている。 Lifestyle
Living Dining Room_テレビを片付け、白壁を覆わない。とにかく「しまう家」の、 アイデアと工夫。 | & Premium (アンド プレミアム)
キッチンから連続するリビングダイニングルームは、8畳あるかないか。それでも「キッチンの冷蔵庫と同様に、見た目のノイズになりがちなテレビも、扉の中に収納することにしたら、それだけで感覚的に広々。テーブルや窓は大きく、でもソファは置かないなど差し引きして、バランスを取るようにもしています。ぬいぐるみなどは寝室に飾っていますが、子どもの学習関連のものは、まだそう多くはないので、それらはいったん表に出さない暮らしを試しています」と創さんは話す。テラスや吹き抜けから入る光が珪藻土の天井や壁、マットなホワイトオーク材の床にやさしく反射するのも、部屋を伸びやかに見せるのにひと役買っている。
&Premium
&Premium
「本格仕様」「しまえる」「使い勝手のよさ」という、料理好きな綾夏さんの意向を組み込んだ、壁づけキッチン。1階のLDKは16畳ほどと、家族3人には少々コンパクトなスペースだが、北側一面を大胆に使い、5.5mと横に長く、ダイナミックに造作した。「気持ちよくおいしく調理できそうで、レストランの厨房のような、ピカピカのステンレスのワークトップにしました。作業効率も上がるので、本当なら、その上には何も出しておきたくありませんが、家庭ではなかなかそうもいきません。それでも5・5mもあれば、その下に多くはしまっておける算段です」と綾夏さん。「レンジフード、スイッチパネルまでも徹底的にしまいこみました」 Margaret Howell
Kitchen_オープンなようでオープンにしない。とにかく「しまう家」の、 アイデアと工夫。 | & Premium (アンド プレミアム)
「本格仕様」「しまえる」「使い勝手のよさ」という、料理好きな綾夏さんの意向を組み込んだ、壁づけキッチン。1階のLDKは16畳ほどと、家族3人には少々コンパクトなスペースだが、北側一面を大胆に使い、5.5mと横に長く、ダイナミックに造作した。「気持ちよくおいしく調理できそうで、レストランの厨房のような、ピカピカのステンレスのワークトップにしました。作業効率も上がるので、本当なら、その上には何も出しておきたくありませんが、家庭ではなかなかそうもいきません。それでも5・5mもあれば、その下に多くはしまっておける算段です」と綾夏さん。「レンジフード、スイッチパネルまでも徹底的にしまいこみました」
&Premium
&Premium
夭折したデザイナーにして現代美術家の髙橋大雅さんが遺した、総合芸術空間『T.T』。伝統的な祇園の街並みに溶け込む表構えから一転し、中には髙橋さんの美意識が満ちるミニマルな世界が広がる。その先に存在するのが枯山水の坪庭だ。 Kyoto, Elegant, Classy, Chic
夭折した髙橋大雅さんの想いを伝える、『T.T』の静謐な庭。ひみつの坪庭コレクション vol.03 | & Premium (アンド プレミアム)
夭折したデザイナーにして現代美術家の髙橋大雅さんが遺した、総合芸術空間『T.T』。伝統的な祇園の街並みに溶け込む表構えから一転し、中には髙橋さんの美意識が満ちるミニマルな世界が広がる。その先に存在するのが枯山水の坪庭だ。
&Premium
&Premium
編集後記「部屋を、整える」:(我が)部屋は、整わない(仔犬のせいで)。 Editor, Newyear
編集後記「部屋を、整える」: (我が) 部屋は、整わない (仔犬のせいで) 。 | & Premium (アンド プレミアム)
編集後記「部屋を、整える」:(我が)部屋は、整わない(仔犬のせいで)。
&Premium
&Premium
代表菓は旅奴。多くの文人墨客にも愛されてきた菓舗は、知らずに入ればなんの店かと思うに違いない。茶室を思わせる土壁や窓に、ヨーロッパの古いタイルを敷き詰めた床。ショーケースはなく、棚にさりげなく置かれた菓子を見て、ようやく和菓子店だと気づく。数寄屋大工として名を馳せた中村外二、晩年の作品のひとつである。
店の歴史を後世に伝える『御倉屋』の庭木。ひみつの坪庭コレクション vol.02 | & Premium (アンド プレミアム)
代表菓は旅奴。多くの文人墨客にも愛されてきた菓舗は、知らずに入ればなんの店かと思うに違いない。茶室を思わせる土壁や窓に、ヨーロッパの古いタイルを敷き詰めた床。ショーケースはなく、棚にさりげなく置かれた菓子を見て、ようやく和菓子店だと気づく。数寄屋大工として名を馳せた中村外二、晩年の作品のひとつである。
&Premium
&Premium
編集後記「あんこと、きなこ。」:甘いもの初心者、感動のあんこときなこに出合う。
編集後記「あんこと、きなこ。」:甘いもの初心者、感動のあんこときなこに出合う。 | & Premium (アンド プレミアム)
編集後記「あんこと、きなこ。」:甘いもの初心者、感動のあんこときなこに出合う。
&Premium
&Premium
編集後記「あんこと、きなこ。」:あんことジン、魅惑のペアリングにはまる夜。
編集後記「あんこと、きなこ。」:あんことジン、魅惑のペアリングにはまる夜。 | & Premium (アンド プレミアム)
編集後記「あんこと、きなこ。」:あんことジン、魅惑のペアリングにはまる夜。
&Premium
&Premium
新しい会員サービス『&Premium iD』が始まりました。登録、年会費は無料です。 2023年12月20日より新たにスタートした無料会員サービス『&Premium iD』では、〝心地よい日々〞のためのプレゼントや限定イベントへのご招待、毎月届くオリジナルのメールマガジンなど、メンバーだけの特典を多数用意。雑誌の枠を超えて、ベターライフのための特別な体験を提供します。登録、年会費は無料です。 既にマガジンハウス会員サービスに登録し、メールマガジンを購読されている方も、プレゼントの応募やイベントへの参加のためには新たにiD登録が必要となります。iD登録を行わない場合でも、メルマガを引き続き購読いただくことは可能です。iD登録にはお名前、ご住所などの入力が必要です。個人情報の取り扱いについては、弊社のプライバシーポリシーをご覧ください。https://magazineworld.jp/info/privacy/ iD登録はこちらから 既にマガジンハウスの他のメディアのiD会員となっている方は、マイページよりログイン後、『&Premium iD』をメンバー登録してください。マイページは...
新しい無料の会員サービス『&Premium iD』が始まりました。 | & Premium (アンド プレミアム)
新しい会員サービス『&Premium iD』が始まりました。登録、年会費は無料です。 2023年12月20日より新たにスタートした無料会員サービス『&Premium iD』では、〝心地よい日々〞のためのプレゼントや限定イベントへのご招待、毎月届くオリジナルのメールマガジンなど、メンバーだけの特典を多数用意。雑誌の枠を超えて、ベターライフのための特別な体験を提供します。登録、年会費は無料です。 既にマガジンハウス会員サービスに登録し、メールマガジンを購読されている方も、プレゼントの応募やイベントへの参加のためには新たにiD登録が必要となります。iD登録を行わない場合でも、メルマガを引き続き購読いただくことは可能です。iD登録にはお名前、ご住所などの入力が必要です。個人情報の取り扱いについては、弊社のプライバシーポリシーをご覧ください。https://magazineworld.jp/info/privacy/ iD登録はこちらから 既にマガジンハウスの他のメディアのiD会員となっている方は、マイページよりログイン後、『&Premium iD』をメンバー登録してください。マイページは...
&Premium
&Premium
ガレット・デ・ロワで新春を祝った年、師走の声を聞いたらシュトーレンをゲットしなくては。いただくことも多いが、お贈りすることも多い。 みんな大好きな『パティスリィ アサコ イワヤナギ』のシュトーレンは2種類。赤いフルーツがぎっしり入ったシュトーレン フリュイルージュは、しっとりしたレーズン酵母の生地をカシスのマジパンが存在感たっぷりに貫いている。その甘酸っぱさが新しい。ピスタチオもたっぷり。薄く切って何枚も食べてしまう。ちょっとよそゆきの器にのせて、お茶と一緒もいいが、ワインも合う。ともかく、大人のシュトーレンである。大切な人に贈りたい。 凍える夜はやっぱりお鍋。『チニャーレ』はイタリアンの店だけど、冬になるとなぜかオンラインショップに鍋が登場する。あるときは黒毛和牛のすき焼きセット、汲み湯葉と京鴨つみれ白湯鍋、またあるときは、鴨つみれと雲呑の白湯鍋……。豆腐や湯葉はシェフの行きつけの豆腐屋さんから。すき焼きには新米が添えられ、白湯鍋には〆の手打ち麺のときもあれば、うどんが添えられることも。ともかく、シェフの「楽しんでもらいたい」という思いがひしひしと伝わる鍋である。鍋にケールやル... Food, Essen, Meals, Yemek, Eten
ライターP (ぴい) さんが選ぶ12月のお取り寄せ。「シュトーレン」と「鍋セットいろいろ」 | & Premium (アンド プレミアム)
ガレット・デ・ロワで新春を祝った年、師走の声を聞いたらシュトーレンをゲットしなくては。いただくことも多いが、お贈りすることも多い。 みんな大好きな『パティスリィ アサコ イワヤナギ』のシュトーレンは2種類。赤いフルーツがぎっしり入ったシュトーレン フリュイルージュは、しっとりしたレーズン酵母の生地をカシスのマジパンが存在感たっぷりに貫いている。その甘酸っぱさが新しい。ピスタチオもたっぷり。薄く切って何枚も食べてしまう。ちょっとよそゆきの器にのせて、お茶と一緒もいいが、ワインも合う。ともかく、大人のシュトーレンである。大切な人に贈りたい。 凍える夜はやっぱりお鍋。『チニャーレ』はイタリアンの店だけど、冬になるとなぜかオンラインショップに鍋が登場する。あるときは黒毛和牛のすき焼きセット、汲み湯葉と京鴨つみれ白湯鍋、またあるときは、鴨つみれと雲呑の白湯鍋……。豆腐や湯葉はシェフの行きつけの豆腐屋さんから。すき焼きには新米が添えられ、白湯鍋には〆の手打ち麺のときもあれば、うどんが添えられることも。ともかく、シェフの「楽しんでもらいたい」という思いがひしひしと伝わる鍋である。鍋にケールやル...
&Premium
&Premium
京都市街から滋賀へ向かう途中、山科というエリアに位置する毘沙門堂。天台宗の寺院で、毘沙門天が祀られていることからその名で呼ばれ、寛文5(1665)年に現在の地に再興された。境内周辺に並ぶのは、イロハモミジ、ヤマモミジなど約150本もの紅葉の木。秋深まると参道は美しく色づき、さらに季節が進むと落ち葉が参道の石段を紅く染める。散った後の風景は特別な美意識を呼び起こすもので、この時季に訪れる多くの人々と同じように、私の心にも深く刻まれている。
骨董を蒐集する店主のセンスが光る、〈ア リトル プレイス〉に備わる市中の山居。ひみつの坪庭コレクション vol.01 | & Premium (アンド プレミアム)
京都市街から滋賀へ向かう途中、山科というエリアに位置する毘沙門堂。天台宗の寺院で、毘沙門天が祀られていることからその名で呼ばれ、寛文5(1665)年に現在の地に再興された。境内周辺に並ぶのは、イロハモミジ、ヤマモミジなど約150本もの紅葉の木。秋深まると参道は美しく色づき、さらに季節が進むと落ち葉が参道の石段を紅く染める。散った後の風景は特別な美意識を呼び起こすもので、この時季に訪れる多くの人々と同じように、私の心にも深く刻まれている。
&Premium
&Premium
「カレーを作るときは、合羽橋で購入した北京鍋で作ります」と料理家のどいちなつさん。平鍋よりも早く煮込めて、焦げつきにくいので重宝している。木や、錆びた銅の表情に惹きつけられて。 遠くに山並みが見える、のどかな道沿い。里山に囲まれるようにポツンと佇む瓦屋根の小屋がある。「淡路島の中でもここは本当に田舎のほう」と話すのは、料理家のどいちなつさん。小高い山地にある10年以上耕されていなかった棚田を夫と開墾し、そこからすぐの自宅近くに、家族や友人と食事したり、人を招いたりす�るキッチンスペースを作った。 「畑の帰り道に牛乳の集荷小屋として使われていた建物に出合ったんです。持ち主は畑の管理者とたまたま同じで運よく譲ってもらえて。建物の歪みや瓦を直す作業は自分たちでやり、キッチンまわりの収納は友人の内装家に相談しました。彼はしばらくうちの庭にテントを張って(笑)、3 か月一緒に暮らしながら対話を重ねて作っていきました」  小屋の扉を開けるとすぐに、古材を大胆に使って作った、味のあるキッチンカウンターが目に入る。畑で採れたバターナッツカボチャと届いたばかりの艶やかで真っ赤なりんごが、大皿の中いっ... Hand Roll Sushi, Foodie, Homemade, Kitchen, Room, Bedroom, Cooking
淡路島で暮らす料理家、どいちなつさんの台所。道具や素材が持つ力を引き出す。 | & Premium (アンド プレミアム)
「カレーを作るときは、合羽橋で購入した北京鍋で作ります」と料理家のどいちなつさん。平鍋よりも早く煮込めて、焦げつきにくいので重宝している。木や、錆びた銅の表情に惹きつけられて。 遠くに山並みが見える、のどかな道沿い。里山に囲まれるようにポツンと佇む瓦屋根の小屋がある。「淡路島の中でもここは本当に田舎のほう」と話すのは、料理家のどいちなつさん。小高い山地にある10年以上耕されていなかった棚田を夫と開墾し、そこからすぐの自宅近くに、家族や友人と食事したり、人を招いたりするキッチンスペースを作った。 「畑の帰り道に牛乳の集荷小屋として使われていた建物に出合ったんです。持ち主は畑の管理者とたまたま同じで運よく譲ってもらえて。建物の歪みや瓦を直す作業は自分たちでやり、キッチンまわりの収納は友人の内装家に相談しました。彼はしばらくうちの庭にテントを張って(笑)、3 か月一緒に暮らしながら対話を重ねて作っていきました」 小屋の扉を開けるとすぐに、古材を大胆に使って作った、味のあるキッチンカウンターが目に入る。畑で採れたバターナッツカボチャと届いたばかりの艶やかで真っ赤なりんごが、大皿の中いっ...
&Premium
&Premium
庭からの光が優しく注ぎ込む、恩田ケイティーさんのキッチン。宝箱みたいで、見せたくなるキッチン。 神奈川県の葉山町。逗葉新道を下り、うねる道を上っていった先。リスが枝の間を飛び回る、庭の緑に覆われるようにして立つ家がある。家主は、恩田ケイティーさん。英国のヴィンテージ食器の買い付けや、フラワーデザイン、料理教室の主宰と、多方面で活躍する、曰く「ファッション&カルチャーリーダー」だ。 「とてもかわいいキッチンだから見て、見て」と招き入れてくれたのは、吹き抜けの大きな玄関ホールのある洋館。薪ストーブに火が入った暖かなリビングを抜けると、カントリー調のキッチンに辿り着く。20年前、この家に家族で越してくる以前の住人が、設えたものなのだそうだ。 「木製の、少し古びた感じのあるシステムキッチンが落�ち着いて映り、ひと目で気に入ったの。ガスオーブンが入っていたのもうれしくて。タイルのところどころにはかわいらしい絵入り。『おいしいものが作れるぞ』と思いました。引っ越しの決め手になったとも言えるわね」   白い壁だったところだけは、「夫がDIYしたのと、大工さんに頼んで」棚を作り付けたという。 「大... Castel
ライフスタイルコーディネーター・恩田ケイティーさんの、古きよき英国カントリースタイルを愛するキッチン。 | & Premium (アンド プレミアム)
庭からの光が優しく注ぎ込む、恩田ケイティーさんのキッチン。宝箱みたいで、見せたくなるキッチン。 神奈川県の葉山町。逗葉新道を下り、うねる道を上っていった先。リスが枝の間を飛び回る、庭の緑に覆われるようにして立つ家がある。家主は、恩田ケイティーさん。英国のヴィンテージ食器の買い付けや、フラワーデザイン、料理教室の主宰と、多方面で活躍する、曰く「ファッション&カルチャーリーダー」だ。 「とてもかわいいキッチンだから見て、見て」と招き入れてくれたのは、吹き抜けの大きな玄関ホールのある洋館。薪ストーブに火が入った暖かなリビングを抜けると、カントリー調のキッチンに辿り着く。20年前、この家に家族で越してくる以前の住人が、設えたものなのだそうだ。 「木製の、少し古びた感じのあるシステムキッチンが落ち着いて映り、ひと目で気に入ったの。ガスオーブンが入っていたのもうれしくて。タイルのところどころにはかわいらしい絵入り。『おいしいものが作れるぞ』と思いました。引っ越しの決め手になったとも言えるわね」 白い壁だったところだけは、「夫がDIYしたのと、大工さんに頼んで」棚を作り付けたという。 「大...
&Premium
&Premium