When autocomplete results are available use up and down arrows to review and enter to select. Touch device users, explore by touch or with swipe gestures.

Food

255 Pins
 3d
Collection by
京都はいつ訪れても発見に満ちた街。だからこそ、好奇心に任せ、気ままに巡るのが面白いと思うのです。現地在住のガイドが10のテーマで案内する、古都のふだんの表情。ここでは、インテリアデザイナー、佐久間重光さんがお茶の時間について教えてくれました。
インテリアデザイナー、佐久間重光さんが案内する京都で楽しむお茶の時間。有機栽培の茶葉による、 茶藝をゆったりと。 | & Premium (アンド プレミアム)
京都はいつ訪れても発見に満ちた街。だからこそ、好奇心に任せ、気ままに巡るのが面白いと思うのです。現地在住のガイドが10のテーマで案内する、古都のふだんの表情。ここでは、インテリアデザイナー、佐久間重光さんがお茶の時間について教えてくれました。
&Premium
&Premium
この時季になると、台北では至る所でイチゴを用いたスイーツを見かけるようになる。本連載第15回で紹介したイチゴかき氷は、今や冬の定番となっている。ここ最近の流行はフリーズドライにしたイチゴやイチゴ大福。特にイチゴ大福の屋台はどこも長い行列ができており、人々のイチゴに対する思いの強さが垣間見られる。今回紹介するのは老舗の食品メーカー『義美食品』が開発したフリーズドライ加工のイチゴをのせたソフトクリーム。もう一つは豆花専門店『騒豆花』の冬季限定メニューの「イチゴのせ豆花」。なお、台湾産のイチゴは日本産に比べるとやや酸味が強いのが特色。逆にこの自然な甘酸っぱさがソフトクリームや豆花などの素材の良さを引き立てており、絶妙な味わいとなっている。
冬に味わいたいイチゴスイーツの変化球。【&Taipei 台湾スイーツ食べ比べ 】 | & Premium (アンド プレミアム)
この時季になると、台北では至る所でイチゴを用いたスイーツを見かけるようになる。本連載第15回で紹介したイチゴかき氷は、今や冬の定番となっている。ここ最近の流行はフリーズドライにしたイチゴやイチゴ大福。特にイチゴ大福の屋台はどこも長い行列ができており、人々のイチゴに対する思いの強さが垣間見られる。今回紹介するのは老舗の食品メーカー『義美食品』が開発したフリーズドライ加工のイチゴをのせたソフトクリーム。もう一つは豆花専門店『騒豆花』の冬季限定メニューの「イチゴのせ豆花」。なお、台湾産のイチゴは日本産に比べるとやや酸味が強いのが特色。逆にこの自然な甘酸っぱさがソフトクリームや豆花などの素材の良さを引き立てており、絶妙な味わいとなっている。
&Premium
&Premium
1803年創業の京都の老舗和菓子店『亀屋良長』。創業当初より、黒糖で炊いたしっとり滑らかなあんを寒天でくるんだ「烏羽玉」が知られる名店である。店頭に並ぶ、色とりどりのお菓子に目が泳ぐが、私のおすすめは四季を和菓子に移す「暦シリーズ」だ。春先の「寒紅梅」に始まり、春は「花見月」、夏はやさしい緑の「薫風」、あじさいのイメージにも似た「七変化」、「七夕」、秋は「菊づくし」、紅葉が散る「竜田川」、冬は雪が舞う「雪こんこ」など、美しくてやさしい和三盆の押し菓子が、季節の風を届けてくれる。「花見月」は、ピンクと白と淡い緑の“ゆかり”(餅米のポンを軸にした金平糖のようなもの)の間に、口どけのよい和三盆の桜の花びらが散る、心華やぐ景色になっている。“ゆかり”はしっかりした食感。食感の違いも楽しい。もらったほうも春の訪れに胸躍るに違いない。 Column, Culture, Food, Essen, Meals, Yemek, Eten
『亀屋良長』の暦 (花見月) 【手みやげのネタ帖】 | & Premium (アンド プレミアム)
1803年創業の京都の老舗和菓子店『亀屋良長』。創業当初より、黒糖で炊いたしっとり滑らかなあんを寒天でくるんだ「烏羽玉」が知られる名店である。店頭に並ぶ、色とりどりのお菓子に目が泳ぐが、私のおすすめは四季を和菓子に移す「暦シリーズ」だ。春先の「寒紅梅」に始まり、春は「花見月」、夏はやさしい緑の「薫風」、あじさいのイメージにも似た「七変化」、「七夕」、秋は「菊づくし」、紅葉が散る「竜田川」、冬は雪が舞う「雪こんこ」など、美しくてやさしい和三盆の押し菓子が、季節の風を届けてくれる。「花見月」は、ピンクと白と淡い緑の“ゆかり”(餅米のポンを軸にした金平糖のようなもの)の間に、口どけのよい和三盆の桜の花びらが散る、心華やぐ景色になっている。“ゆかり”はしっかりした食感。食感の違いも楽しい。もらったほうも春の訪れに胸躍るに違いない。
&Premium
&Premium
サンドイッチをこよなく愛するパリ在住の文筆家、川村明子さん。『&Premium』本誌の連載「パリのサンドイッチ調査隊」では、パリ中のサンドイッチを紹介しています。ここでは、本誌で語り切れなかった連載のこぼれ話をお届け。今回は、本誌No123に登場した『コメッツ』で惜しくも紹介できなかったサンドイッチの話を。 Comet, Grilled Cheese, Sandwiches, Grilling, Onion, Crickets
ラクレットにモッツァレラ。チーズが溶け合うグリルドサンド。 | & Premium (アンド プレミアム)
サンドイッチをこよなく愛するパリ在住の文筆家、川村明子さん。『&Premium』本誌の連載「パリのサンドイッチ調査隊」では、パリ中のサンドイッチを紹介しています。ここでは、本誌で語り切れなかった連載のこぼれ話をお届け。今回は、本誌No123に登場した『コメッツ』で惜しくも紹介できなかったサンドイッチの話を。
&Premium
&Premium
「良質なでんぷんを摂ろう」といった健康意識の高い人々に幅広く支持されているのが、台湾ファミリーマートの焼き芋。「夯番薯」(夯は有名、番薯はさつまいもの意味)という名称で2007年に発売され、一昨年は台湾の人口約2300万人に近い2200万本を売り上げたという人気ぶり。使用されるのは主に「台農57号」という最もポピュラーな品種で、台南最大の芋農家と専属契約し、生産から販売までワンストップの管理体制を確立している。各店舗に届けられた芋を生の状態から360℃の高温で焼くことで、本来の甘味と香りを引き出した状態で保温される。お好みの芋を選んだら備え付けの紙袋に入れて、レジで量り売りしてもらうというしくみ。ぜひ一度お試しを。 Morning, Travel, Viajes, Destinations, Traveling, Trips
年間2200万本を売り上げる、国民食の焼き芋。【&Taipei 台北の朝ごはん 】 | & Premium (アンド プレミアム)
「良質なでんぷんを摂ろう」といった健康意識の高い人々に幅広く支持されているのが、台湾ファミリーマートの焼き芋。「夯番薯」(夯は有名、番薯はさつまいもの意味)という名称で2007年に発売され、一昨年は台湾の人口約2300万人に近い2200万本を売り上げたという人気ぶり。使用されるのは主に「台農57号」という最もポピュラーな品種で、台南最大の芋農家と専属契約し、生産から販売までワンストップの管理体制を確立している。各店舗に届けられた芋を生の状態から360℃の高温で焼くことで、本来の甘味と香りを引き出した状態で保温される。お好みの芋を選んだら備え付けの紙袋に入れて、レジで量り売りしてもらうというしくみ。ぜひ一度お試しを。
&Premium
&Premium
ワタナベマキさん、渡辺有子さん、長尾智子さん、サルボ恭子さん、渡辺康啓さん。5人の料理家のプロが毎日のように使っている10アイテムを、その理由とともに教えてもらった企画では、それぞれが愛用するエプロンにも紹介いただきました。それぞれのこだわりが詰まったエプロン、その魅力とは? Margaret Howell, Kitchen Tools, Apron, Elegant, Diy Kitchen Appliances, Classy, Kitchen Gadgets, Kitchen Equipment
料理のプロが選んだ、それぞれのこだわりが詰まったエプロン5 選。 | & Premium (アンド プレミアム)
ワタナベマキさん、渡辺有子さん、長尾智子さん、サルボ恭子さん、渡辺康啓さん。5人の料理家のプロが毎日のように使っている10アイテムを、その理由とともに教えてもらった企画では、それぞれが愛用するエプロンにも紹介いただきました。それぞれのこだわりが詰まったエプロン、その魅力とは?
&Premium
&Premium
イタリアの蚤の市で見つけたら買うようにしているという業務用の白磁。「厚みがあって重いので持って帰るのに苦労するのですが(笑)。新品にはない使い込んだ白のニュアンスが好き。ちょっとした歪みもグッときます」 10 Things, Kitchen Accessories
渡辺康啓さんの愛用する台所道具 〈リチャードジノリ〉の業務用皿 | & Premium (アンド プレミアム)
イタリアの蚤の市で見つけたら買うようにしているという業務用の白磁。「厚みがあって重いので持って帰るのに苦労するのですが(笑)。新品にはない使い込んだ白のニュアンスが好き。ちょっとした歪みもグッときます」
&Premium
&Premium
ぽってりとした厚み、無数の細かい気泡を内包したグラス。「小さな火から時間をかけ、ガラスを溶かす高温にまで上げた燃えたぎる炎を前に挑むガラス作りは神秘的。横山さんの揺るがないものづくりのファンです」 Kitchen Utensils
渡辺康啓さんの愛用する台所道具 横山秀樹のグラス | & Premium (アンド プレミアム)
ぽってりとした厚み、無数の細かい気泡を内包したグラス。「小さな火から時間をかけ、ガラスを溶かす高温にまで上げた燃えたぎる炎を前に挑むガラス作りは神秘的。横山さんの揺るがないものづくりのファンです」
&Premium
&Premium
「大矢さんの作品は整えすぎていない、ラフなつくりがいい。大きいお盆は料理や空いた皿を一度で運べるので楽です。小さいお盆は中国茶用の小ぶりの急須と湯呑みを載せて」。一点ものながら買いやすい価格も魅力。
渡辺康啓さんの愛用する台所道具 大矢拓郎の木盆 | & Premium (アンド プレミアム)
「大矢さんの作品は整えすぎていない、ラフなつくりがいい。大きいお盆は料理や空いた皿を一度で運べるので楽です。小さいお盆は中国茶用の小ぶりの急須と湯呑みを載せて」。一点ものながら買いやすい価格も魅力。
&Premium
&Premium
鋸のような刃を持ったイタリアのナイフ。「サラダを作るとき専用として活躍。軽くて小回りが利くので、空中で野菜を切る際に便利。ギザギザの刃が野菜の�断面を不揃いにするので、ドレッシングが染み込みやすいんです」
渡辺康啓さんの愛用する台所道具 〈MAROB〉のナイフ | & Premium (アンド プレミアム)
鋸のような刃を持ったイタリアのナイフ。「サラダを作るとき専用として活躍。軽くて小回りが利くので、空中で野菜を切る際に便利。ギザギザの刃が野菜の断面を不揃いにするので、ドレッシングが染み込みやすいんです」
&Premium
&Premium
「食」のロングライフデザインの活動の場として、実際に現地で教わった郷土料理や、その土地に伝わるアイデアの詰まった47都道府県別の定食を提供する『d47食堂』。2012年の立ち上げから10年の取り組みと、郷土料理の面白さを一冊にまとめた書籍『つづくをたべる食堂』が発売された。書籍『つづくをたべる食堂』を書き下ろしたのは、ディレクターの相馬夕輝さん。定食作りにあたって、実際にスタッフとともに旅するところからスタートさせるという相馬さんが、実際に現地で見て、感じた郷土料理の可能性や奥深さからは、今の時代に学ぶことが多くあると感じたことが、本書の執筆の経緯となったのだそう。ライフスタイルの変化により、全国各地で郷土料理が作られ、受け継がれる機会が減ってきている昨今、「d47食堂を形づくるもの」「郷土料理っておもしろい」「グッドコミュニティ - 誰と一緒に生きていくか -」の全3章から構成される本書は、時代に合わせ進化し続ける郷土料理の今を伝える一冊となっている。また、別冊付録として、郷土料理を家庭でつくれるレシピブックが付く 。山形の芋煮や埼玉のゼリーフライ、岐阜の鶏(けい)ちゃんなど、... Projects, Books, Log Projects, Blue Prints, Libros, Book, Book Illustrations, Libri
郷土料理の面白さと可能性が一冊に。書籍『つづくをたべる食堂』が発売。 | & Premium (アンド プレミアム)
「食」のロングライフデザインの活動の場として、実際に現地で教わった郷土料理や、その土地に伝わるアイデアの詰まった47都道府県別の定食を提供する『d47食堂』。2012年の立ち上げから10年の取り組みと、郷土料理の面白さを一冊にまとめた書籍『つづくをたべる食堂』が発売された。書籍『つづくをたべる食堂』を書き下ろしたのは、ディレクターの相馬夕輝さん。定食作りにあたって、実際にスタッフとともに旅するところからスタートさせるという相馬さんが、実際に現地で見て、感じた郷土料理の可能性や奥深さからは、今の時代に学ぶことが多くあると感じたことが、本書の執筆の経緯となったのだそう。ライフスタイルの変化により、全国各地で郷土料理が作られ、受け継がれる機会が減ってきている昨今、「d47食堂を形づくるもの」「郷土料理っておもしろい」「グッドコミュニティ - 誰と一緒に生きていくか -」の全3章から構成される本書は、時代に合わせ進化し続ける郷土料理の今を伝える一冊となっている。また、別冊付録として、郷土料理を家庭でつくれるレシピブックが付く 。山形の芋煮や埼玉のゼリーフライ、岐阜の鶏(けい)ちゃんなど、...
&Premium
&Premium
業務用として作られる万能トング20㎝は、特殊加工のバネに強い弾力性がありながら、軽くて摑みやすい。「持つ部分が少し内側に曲がっているので手が痛くなりにくい。余計なつなぎ目がないので洗いやすいです」
渡辺康啓さんの愛用する台所道具 〈だいどこ道具ツチキリ〉のトング | & Premium (アンド プレミアム)
業務用として作られる万能トング20㎝は、特殊加工のバネに強い弾力性がありながら、軽くて摑みやすい。「持つ部分が少し内側に曲がっているので手が痛くなりにくい。余計なつなぎ目がないので洗いやすいです」
&Premium
&Premium
和歌山県で作陶する陶芸家のもの。「シンプルだけど雰囲気があり、程よい薄さがちょうどいい。持ちやすく、鍋の取り分け皿としても便利。小さいサイズも持っていてそれは調味料やソース入れ、湯呑みとしても愛用」
渡辺康啓さんの愛用する台所道具 中本純也の茶碗 | & Premium (アンド プレミアム)
和歌山県で作陶する陶芸家のもの。「シンプルだけど雰囲気があり、程よい薄さがちょうどいい。持ちやすく、鍋の取り分け皿としても便利。小さいサイズも持っていてそれは調味料やソース入れ、湯呑みとしても愛用」
&Premium
&Premium
調味料を混ぜ合わせたり、刻んだ野菜を入れたり、調理の進行をスムーズにするオリジナルのステンレスカップ。「蓋をすればラップせずに食材が保存でき、スタッキングも可能。蓋は調理中のおたま置きや小皿代わりに」
渡辺康啓さんの愛用する台所道具 〈casalinghi〉のステンレスカップ | & Premium (アンド プレミアム)
調味料を混ぜ合わせたり、刻んだ野菜を入れたり、調理の進行をスムーズにするオリジナルのステンレスカップ。「蓋をすればラップせずに食材が保存でき、スタッキングも可能。蓋は調理中のおたま置きや小皿代わりに」
&Premium
&Premium
長年〝姿がいい〞やかんを探し、偶然立ち寄った中国の空港の土産店で見つけて購入。「佇まいが美しいので、しまいこむ必要がなく、お湯を沸かしたいとき、すぐに使える。銅製�はお湯が沸くのも早い気がします」
渡辺康啓さんの愛用する台所道具 中国の銅製やかん | & Premium (アンド プレミアム)
長年〝姿がいい〞やかんを探し、偶然立ち寄った中国の空港の土産店で見つけて購入。「佇まいが美しいので、しまいこむ必要がなく、お湯を沸かしたいとき、すぐに使える。銅製はお湯が沸くのも早い気がします」
&Premium
&Premium