Autumn view at Tofukuji, Kyoto. 加藤晃秀 (Teruhide Kato)

通販専門ショッピング検索サイト。楽しく賢く買うなら日本最大級の商品検索サイト「アイテムポスト」で!お取り寄せ、ギフト、送料無料の商品など、たくさんの商品の中からお買い物ができます。

『六様性国芳自慢 先負』 文覚上人(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)

1 :名無しさん@おーぷん:2015/04/05(日)09:12:54 ID:JqOなお春画はない模様http://i.imgur.com/QXafa9Y.jpg浮世絵ハイセンスすぎワロタwwwww http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1428192774/5 :名無しさん@おーぷん:2015/04/05(日)09:13:54

[画材考] 日本画家 池永康晟 | Art Annual online

ナカガワ胡粉・土絵具「勧修寺黄土」 20歳で師を持たず油絵具を捨て岩絵具を揃えたが、膠の煮方さえ解らなかった。 油画から転向した私には紙と水が心許なく思えた。 板、白亜、

Utagawa kuniyoshi via the Kuniyoshi Project

歌川国芳 「金魚づくし まとい」(1839年頃) 江戸の消火は破壊消防、被害が広がらないよう周りのお家をガンガン壊す トレードマークの「まとい」はタモ・ザル・水草製 http://twitter.com/bellden

金魚づくし たまやたまや 歌川豊国 goldfish series "tamaya tamaya" Utakawa Toyokuni

本ページで玉や玉やがお求めいただけます。金魚づくしシリーズは、金魚をはじめとする水中の生き物たちを擬人化し、面白おかしく描かれた浮世絵で、国芳が得意としたいわゆる戯画です。本図は、江戸時代中期に登場したシャボン玉売り(玉屋)が町中をめぐって子供達にシャボンを売っている様子を描いています。水中のあぶくをシャボン玉に見立てたのは、国芳の妙案ですね。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

Red is a powerful color in traditional Japanese society, representing strong emotions rather than ideas. As the color of the sun in Japanese culture and on the Japanese flag, #red is the color of energy, vitality, heat, and power. Red also represents love and intimacy, including sexual desire and the life force and energy in people. #japan

Red is a powerful color in traditional Japanese society, representing strong emotions rather than ideas. As the color of the sun in Japanese culture and on the Japanese flag, #red is the color of energy, vitality, heat, and power. Red also represents love and intimacy, including sexual desire and the life force and energy in people. #japan

Hiroshi Yoshida (吉田博)

【アニメで見たい】明治・大正・昭和に「浮世絵を蘇らせた」吉田博の版画が、いまでもカワイイ

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/03(火) 17:03:32.45 ID:pJcqrNZ+0伝統的な浮世絵の技法と近代の表現が合わさり最強に見える 土屋光逸「高輪 泉岳寺」昭和八年 吉田博「帆船 朝」大正十五年 5:以下、名無しにかわ

by 庄田耕峰 ( Shoda, Koho. 1877(M10)-1924(T14))

【日本の機微】心が静かに揺れる「夜影を照らす月」たち。明治の浮世絵画家・庄田耕峰(Shoda Koho) が素晴らしい

【日本の機微】心が静かに揺れる「夜影を照らす月」たち。明治の浮世絵画家・庄田耕峰(Shoda Koho) が素晴らしい:DDN JAPAN

金魚づくし 酒のざしき 歌川豊国 goldfish series "sake no zashiki" Utakawa Toyokuni

本ページで酒のざしきがお求めいただけます。金魚づくしシリーズは、金魚をはじめとする水中の生き物たちを擬人化し、面白おかしく描かれた浮世絵で、国芳が得意としたいわゆる戯画です。本図は、酒宴での席を描いたもので、一匹の金魚が三味線を弾き、それに合わせ踊る二匹の金魚。ひれを巧みに使った仕草になんとも笑みがこぼれます。そしてあきれたカエルの様子も皮肉たっぷりです。いつの時代もお酒の席は陽気で楽しいもののようです。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

Pinterest
検索