Ikebana by Toshiro Kawase

この1年、生者死者をとわず、全ての人への献花のつもりでいけてきました――当代随一の花人が、震災後、毎日花をいけつづけ、多くの人々の感動を呼んだブログが美しい1冊に。366日分の花と言葉を収めた圧巻のカラー400ページ。いけられた山野草425種の索引・解説付き。川瀬敏郎/著『川瀬敏郎 一日一花』|新潮社

Matsubusazuru and yamajinohototogisu in an ancient earthenware pot. Toshiro Kawase

花=松房蔓(マツブサヅル)、山路の杜鵑草(ヤマジノホトトギス) 器=新羅土器高杯(新羅時代,57 BC.~935 AD.) 一日一花 川瀬敏郎 Toshiro Kawase / Matsubusazuru and yamajinohototogisu in an ancient earthenware pot.

ikebana by Toshiro Kawase, Japan

お探しのページが見つかりません。ご指定のURLは、変更になった可能性があります。

Ikebana by Toshiro KAWASE, Japan

2012年4月11日(水) 利休は淡紅色の椿を好んで使いました。やわらかな花と、鋭い莟。 花=利休椿(リキュウツバキ) 器=高麗青磁堆白油壺(高麗時代)

ikebana by Toshiro Kawase, Japan

花人:川瀬敏郎 花:松本仙翁(マツモトセンノウ) 器:古銅亜字形華瓶(鎌倉時代)

http://designskool.net/wp-content/uploads/2012/04/img_3317.jpg

2012年3月6日(火)ふたつだけ残った実が、眼のようです。アスパラガスの一種。 花=アブライト 器=古ガラス細瓶(20世紀)

Toshiro Kawase

2012年1月5日(木) 橘も裏白もめでたきものです。 花=橘(タチバナ)、裏白(ウラジロ) 器=金銅華瓶(鎌倉時代)

Ikebana by Toshiro Kawase

OLD SHANGHAI FEELING | IKEBANA | 2012 年2月10日(金) 花の上にかぶさる葉を「霜除け葉」と呼びます。春が守られています。 花=藪椿(ヤブツバキ) 器=須恵器壺(古墳時代)

Today's ikebana by Toshiro Kawase, Japan (11/6/2012)

この1年、生者死者をとわず、全ての人への献花のつもりでいけてきました――当代随一の花人が、震災後、毎日花をいけつづけ、多くの人々の感動を呼んだブログが美しい1冊に。366日分の花と言葉を収めた圧巻のカラー400ページ。いけられた山野草425種の索引・解説付き。川瀬敏郎/著『川瀬敏郎 一日一花』|新潮社


その他のアイデア
Pinterest
検索