山形ビエンナーレ2014について|みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2014

山形ビエンナーレ2014について|みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2014ॐ☚★ #ONELOVE #chinashavers #justbecause #theeblackunicorn #black #unicorn #<3

下着コーディネートを自由に楽しむショップ「アンフィフルフル」ららぽーとTOKYO-BAYにオープンの写真1

下着コーディネートを自由に楽しむショップ「アンフィフルフル」ららぽーとTOKYO-BAYにオープン - 写真1

2014年3月14日(金)、インナーウェアショップ「アンフィフルフル(AMPHI FULFRU)」がららぽーとTOKYO-BAYにオープンする。下着のコーディネートを、もっと自由に。「アンフィフルフル」は、女性たちの毎日をもっとみずみずしく、そしてカラフルに変えていくldquoインナー・コー...

画像・写真

画像・写真|開業10周年を機に大規模リニューアルを行ったアミュプラザ鹿児島のポスターにはイメージキャラクターと上島竜兵と竹下玲奈が。 1枚目 / 開業10周年のアミュプラザ鹿児島がリニューアル!上島竜兵と2000人で“くるりんぱっ”を敢行

戦後1945~6年頃。「昔のように、安くてよいものを、沢山に販売したい」(現代仮名づかい等に改めた)と、戦争は終わったが物資の不足等、国民窮乏の中、やはり商売どころでないことがわかる。「これは一人や二人の力では到底実行できるものではなく、我々業者が打って一丸となって適性なる算段、妥当なる利潤の為に懸命に働かねばならない」というのは、自社だけでなく国民全体へ訴えるかのようである。戦前と戦後、どちらも苦しく厳しいが、戦後の方には未来を感じ取ることができる。

戦時中の日本の博覧会・イベントポスター(1920年代から1940年代)

国内が戦争モードに入っていた1920年代から1940年代において、日本国内で開催されていた博覧会やイベントなどのポスターギャラリーなんだそうだ。

poster_09

こんにちは。 今日は、大阪市阿倍野区にある「文の里(ふみのさと)商店街」の斜め上をいくポスター第二弾をご紹介します!(第一弾がみたい人はこちらから & 全てのポスターがみたいという方はこちらから) ビューティーショップ

Pinterest
検索