MY TRIP

Collection by Akiko Hirai

9 
Pins
 • 
6 
Followers
Akiko Hirai
東京
ハワイ
トルコ
台湾
Other Pins

東京

日暮里繊維街のおすすめ店、安いお店、おしゃれな生地を買えるお店をまとめました。日暮里トマトの100円均一コーナーのコツなど初めて日暮里に行く方でも楽しくお買い物ができるよう、ナビしていきたいと思います。

②日暮里繊維街おすすめ&安い店!布小物ハンドメイド作家の仕入れに最適! - 売れるハンドメイド作家になる方法

日暮里繊維街のおすすめ店、安いお店、おしゃれな生地を買えるお店をまとめました。日暮里トマトの100円均一コーナーのコツなど初めて日暮里に行く方でも楽しくお買い物ができるよう、ナビしていきたいと思います。

生地を探す人で大賑わいの日暮里繊維街。あらゆる素材や柄の布地がとにかくリーズナブルに手に入ります。手芸の初心者からファッションやソーイングのプロやプロを目指す方までお気に入りを探す人でいっぱいの街です。おすすめのお店8店をおもにご紹介いたします。また、お気に入りの布が手に入ったらオリジナルのハンドメイド作品にも挑戦しま

見てるだけでわくわく。手芸・ソーイングの夢広がる「日暮里繊維街」 | キナリノ

生地を探す人で大賑わいの日暮里繊維街。あらゆる素材や柄の布地がとにかくリーズナブルに手に入ります。手芸の初心者からファッションやソーイングのプロやプロを目指す方までお気に入りを探す人でいっぱいの街です。おすすめのお店8店をおもにご紹介いたします。また、お気に入りの布が手に入ったらオリジナルのハンドメイド作品にも挑戦しましょう♪おすすめの作り方も最後にご紹介します。

ハワイ

ワイキキに無料で楽しめるフラ・カヒコのパフォーマンスがスタート! - Myハワイ歩き方

ワイキキに無料で楽しめるフラ・カヒコのパフォーマンスがスタート!

スポンサーリンク ワイキキに無料で楽しめるフラ・カヒコのパフォーマンスがスタート! Hula Kahiko Performance at Royal Hawaiian Center ■毎週土曜日の夕方に開催 ワイキキの中 […]

ハワイに行ったら絶対欲しい!可愛すぎる”日焼けスヌーピー”は「Moni Honolulu(モニホノルル)」で♪-STYLE HAUS(スタイルハウス)

指名率No.1ハワイコーディネーター、マキ・コニクソンさんがプロデュースする「Moni Honolulu(モニホノルル)」。芸能人やモデルさんのリピーターも多いお店のハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズはマストバイ。SNSやインスタグラムでかわいいー!と話題沸騰中。

トルコ

イスタンブール(Istanbul)

アジアとヨーロッパの美が交錯する場所『イスタンブール』 | wondertrip

東洋と西洋の中継地点として、そしてローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国の首都として繁栄を誇ってきたイスタンブール。ここではそんな、幾重にも重なった深みのある文化をもつトルコのイスタンブールについてご紹介します。 photo by telegraph.co.uk イスタンブールは1,400万を超える人口をも

イスタンブール「ブルーモスク」

世界一美しいモスクと謳われたイスタンブール『ブルーモスク』の神秘 | tabiyori どんな時も旅日和に

アジアとヨーロッパの交差点トルコ、イスタンブール。魅惑の街イスタンブールの観光の目玉にもなっているのが、通称”ブルーモスク”と言われている「スルタンアフメットモスク」。”オスマン建築の傑作”や”世界一美しいモスク”とも呼ばれており、イ…

「世界がもしひとつの国であったなら、その首都はイスタンブールである」とは、かのナポレオンの言葉だそうです。英雄をも魅了した街を有する国、トルコ。西洋のようでもあり、東洋のようでもあり、中東やアラブのようでもある、様々な文化が混ざった独特の雰囲気を持った国。古くは石器時代、青銅器時代から人の営みがあり、様々な古

トルコの世界遺産を全部解説!歴史から絶景の魅力までお伝えします | tabiyori どんな時も旅日和に

「世界がもしひとつの国であったなら、その首都はイスタンブールである」とは、かのナポレオンの言葉だそうです。英雄をも魅了した街を有する国、トルコ。西洋のようでもあり、東洋のようでもあり、中東やアラブのようでもある、様々な文化が混ざった独…

ボスフォラス海峡はトルコのアジア側とヨーロッパ側にある海峡です。狭いところでは約660mほどしか海幅がありませんが、アジアとヨーロッパを望みながらクルーズ観光ができること、ご存知でしたか?クルーズはトルコ・イスタンブールのヨーロッパ側の町「エミノニュ」からフェリーが出ており、アジア側の「アナドル・カヴァーウ」

ここがアジアとヨーロッパの境目!トルコの「ボスフォラス海峡」 | tabiyori どんな時も旅日和に

ボスフォラス海峡はトルコのアジア側とヨーロッパ側にある海峡です。狭いところでは約660mほどしか海幅がありませんが、アジアとヨーロッパを望みながらクルーズ観光ができること、ご存知でした…

アジアとヨーロッパの美が交錯する場所『イスタンブール

アジアとヨーロッパの美が交錯する場所『イスタンブール』 | wondertrip

東洋と西洋の中継地点として、そしてローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国の首都として繁栄を誇ってきたイスタンブール。ここではそんな、幾重にも重なった深みのある文化をもつトルコのイスタンブールについてご紹介します。 photo by telegraph.co.uk イスタンブールは1,400万を超える人口をも

台湾

Other Pins

日暮里繊維街のおすすめ店、安いお店、おしゃれな生地を買えるお店をまとめました。日暮里トマトの100円均一コーナーのコツなど初めて日暮里に行く方でも楽しくお買い物ができるよう、ナビしていきたいと思います。

②日暮里繊維街おすすめ&安い店!布小物ハンドメイド作家の仕入れに最適! - 売れるハンドメイド作家になる方法

日暮里繊維街のおすすめ店、安いお店、おしゃれな生地を買えるお店をまとめました。日暮里トマトの100円均一コーナーのコツなど初めて日暮里に行く方でも楽しくお買い物ができるよう、ナビしていきたいと思います。

生地を探す人で大賑わいの日暮里繊維街。あらゆる素材や柄の布地がとにかくリーズナブルに手に入ります。手芸の初心者からファッションやソーイングのプロやプロを目指す方までお気に入りを探す人でいっぱいの街です。おすすめのお店8店をおもにご紹介いたします。また、お気に入りの布が手に入ったらオリジナルのハンドメイド作品にも挑戦しま

見てるだけでわくわく。手芸・ソーイングの夢広がる「日暮里繊維街」 | キナリノ

生地を探す人で大賑わいの日暮里繊維街。あらゆる素材や柄の布地がとにかくリーズナブルに手に入ります。手芸の初心者からファッションやソーイングのプロやプロを目指す方までお気に入りを探す人でいっぱいの街です。おすすめのお店8店をおもにご紹介いたします。また、お気に入りの布が手に入ったらオリジナルのハンドメイド作品にも挑戦しましょう♪おすすめの作り方も最後にご紹介します。

ワイキキに無料で楽しめるフラ・カヒコのパフォーマンスがスタート! - Myハワイ歩き方

ワイキキに無料で楽しめるフラ・カヒコのパフォーマンスがスタート!

スポンサーリンク ワイキキに無料で楽しめるフラ・カヒコのパフォーマンスがスタート! Hula Kahiko Performance at Royal Hawaiian Center ■毎週土曜日の夕方に開催 ワイキキの中 […]

ハワイに行ったら絶対欲しい!可愛すぎる”日焼けスヌーピー”は「Moni Honolulu(モニホノルル)」で♪-STYLE HAUS(スタイルハウス)

指名率No.1ハワイコーディネーター、マキ・コニクソンさんがプロデュースする「Moni Honolulu(モニホノルル)」。芸能人やモデルさんのリピーターも多いお店のハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズはマストバイ。SNSやインスタグラムでかわいいー!と話題沸騰中。

イスタンブール(Istanbul)

アジアとヨーロッパの美が交錯する場所『イスタンブール』 | wondertrip

東洋と西洋の中継地点として、そしてローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国の首都として繁栄を誇ってきたイスタンブール。ここではそんな、幾重にも重なった深みのある文化をもつトルコのイスタンブールについてご紹介します。 photo by telegraph.co.uk イスタンブールは1,400万を超える人口をも

イスタンブール「ブルーモスク」

世界一美しいモスクと謳われたイスタンブール『ブルーモスク』の神秘 | tabiyori どんな時も旅日和に

アジアとヨーロッパの交差点トルコ、イスタンブール。魅惑の街イスタンブールの観光の目玉にもなっているのが、通称”ブルーモスク”と言われている「スルタンアフメットモスク」。”オスマン建築の傑作”や”世界一美しいモスク”とも呼ばれており、イ…

「世界がもしひとつの国であったなら、その首都はイスタンブールである」とは、かのナポレオンの言葉だそうです。英雄をも魅了した街を有する国、トルコ。西洋のようでもあり、東洋のようでもあり、中東やアラブのようでもある、様々な文化が混ざった独特の雰囲気を持った国。古くは石器時代、青銅器時代から人の営みがあり、様々な古

トルコの世界遺産を全部解説!歴史から絶景の魅力までお伝えします | tabiyori どんな時も旅日和に

「世界がもしひとつの国であったなら、その首都はイスタンブールである」とは、かのナポレオンの言葉だそうです。英雄をも魅了した街を有する国、トルコ。西洋のようでもあり、東洋のようでもあり、中東やアラブのようでもある、様々な文化が混ざった独…

ボスフォラス海峡はトルコのアジア側とヨーロッパ側にある海峡です。狭いところでは約660mほどしか海幅がありませんが、アジアとヨーロッパを望みながらクルーズ観光ができること、ご存知でしたか?クルーズはトルコ・イスタンブールのヨーロッパ側の町「エミノニュ」からフェリーが出ており、アジア側の「アナドル・カヴァーウ」

ここがアジアとヨーロッパの境目!トルコの「ボスフォラス海峡」 | tabiyori どんな時も旅日和に

ボスフォラス海峡はトルコのアジア側とヨーロッパ側にある海峡です。狭いところでは約660mほどしか海幅がありませんが、アジアとヨーロッパを望みながらクルーズ観光ができること、ご存知でした…

アジアとヨーロッパの美が交錯する場所『イスタンブール

アジアとヨーロッパの美が交錯する場所『イスタンブール』 | wondertrip

東洋と西洋の中継地点として、そしてローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国の首都として繁栄を誇ってきたイスタンブール。ここではそんな、幾重にも重なった深みのある文化をもつトルコのイスタンブールについてご紹介します。 photo by telegraph.co.uk イスタンブールは1,400万を超える人口をも