【共感したクリエイティブ】 大切に思う気持ちが生む表現  クーピーペンシルやクレパスでお馴染みの、サクラクレパスさんのWEBサイト。自社商品にかける愛情がにじみ出たサイトだと思いました。  例えばページの背景がキャンパスノート風だったり、コンテンツメニューがクレパスで書かれたような質感だったり、各種アイコンが手書き風だったり、遊び心を感じるつくりになっています。  中でもユニークなのが「削除されたページ」や「存在しないページ」にアクセスした時に表示されるエラーページ。“消しゴムが消してしまったのかもしれません”という一文と共に自社商品「フォームイレーザー」が添えられています。  自社の商品を心から大切に思っているからこそできる表現だと思いました。ステキですね。(北尾)  http://www.craypas.com/

【共感したクリエイティブ】 大切に思う気持ちが生む表現 クーピーペンシルやクレパスでお馴染みの、サクラクレパスさんのWEBサイト。自社商品にかける愛情がにじみ出たサイトだと思いました。 例えばページの背景がキャンパスノート風だったり、コンテンツメニューがクレパスで書かれたような質感だったり、各種アイコンが手書き風だったり、遊び心を感じるつくりになっています。 中でもユニークなのが「削除されたページ」や「存在しないページ」にアクセスした時に表示されるエラーページ。“消しゴムが消してしまったのかもしれません”という一文と共に自社商品「フォームイレーザー」が添えられています。 自社の商品を心から大切に思っているからこそできる表現だと思いました。ステキですね。(北尾) http://www.craypas.com/

【共感したクリエイティブ】 前壽則さんというアーティストの作品。美術のことは不案内なのですが、彼の作品が好きなんです。  わびさびや幽玄というスタイル・概念すら越えて、ありのままを描きたいという想いが込められているようです。表現者はどこまでもいっても、自分にまとわりつくスタイル・概念から解き放たれることはできないわけですが、それでもその状態を突き破ろうとする姿勢に胸打たれます。  絶対矛盾への挑戦って、かっこいいですね。(小林)  http://futan.net/works/195_japanese_stuartia/

【共感したクリエイティブ】 前壽則さんというアーティストの作品。美術のことは不案内なのですが、彼の作品が好きなんです。 わびさびや幽玄というスタイル・概念すら越えて、ありのままを描きたいという想いが込められているようです。表現者はどこまでもいっても、自分にまとわりつくスタイル・概念から解き放たれることはできないわけですが、それでもその状態を突き破ろうとする姿勢に胸打たれます。 絶対矛盾への挑戦って、かっこいいですね。(小林) http://futan.net/works/195_japanese_stuartia/

【共感したクリエイティブ】 変えてはいけないものと変えるべきもの  1873年創業の久留米にあるシューズメーカーのWEBサイト。長年のものづくりの積み重ねといったものが、しっかりと現在にアップデートされて表現されている。洗練されたデザインからは、そんな印象を受けました。  変えてはいけない芯の部分は変えず、時代にあわせて変えていかないといけないところは変えながら。なかなかできるもんじゃありません。勉強になります。(小林)  http://moonstar-manufacturing.jp/

【共感したクリエイティブ】 変えてはいけないものと変えるべきもの 1873年創業の久留米にあるシューズメーカーのWEBサイト。長年のものづくりの積み重ねといったものが、しっかりと現在にアップデートされて表現されている。洗練されたデザインからは、そんな印象を受けました。 変えてはいけない芯の部分は変えず、時代にあわせて変えていかないといけないところは変えながら。なかなかできるもんじゃありません。勉強になります。(小林) http://moonstar-manufacturing.jp/

【共感したクリエイティブ】「BOOKS+コトバノイエ」という古書店のWEBサイト。バックで流れている動画がいいんです。生き様がにじみ出ている、そんな気がしました。http://kotobanoie.com/

【共感したクリエイティブ】「BOOKS+コトバノイエ」という古書店のWEBサイト。バックで流れている動画がいいんです。生き様がにじみ出ている、そんな気がしました。http://kotobanoie.com/

【共感したクリエイティブ】 考えるな、感じるんだ!  バーチャルなフライト体験を通して、スイス国際航空の世界観を伝えているサイト。そのこだわりは、ページのつくりにもあらわれてます。  ページをスクロールしていくと、まるでパイロットが見ている風景かのように雲の中を進んでいきます。ページの奥から次々とコンテンツが迫ってきて、「すごい!これは楽しい!」と何度も上下にスクロールしてしまうのです。飛行機の窓から外を眺めているときの“あのワクワク感”を感じている自分が確かにいました。まさにフライト体験です。  ブルース・リーの名台詞「Don't think.FEEL!」じゃないですが、WEB上でも、「頭」を使って考えてもらうのではなく、「身体」で感じてもらうことが重要になってきている、そんな気がします。(北尾)  http://www.world-of-swiss.com/ja/

【共感したクリエイティブ】 考えるな、感じるんだ! バーチャルなフライト体験を通して、スイス国際航空の世界観を伝えているサイト。そのこだわりは、ページのつくりにもあらわれてます。 ページをスクロールしていくと、まるでパイロットが見ている風景かのように雲の中を進んでいきます。ページの奥から次々とコンテンツが迫ってきて、「すごい!これは楽しい!」と何度も上下にスクロールしてしまうのです。飛行機の窓から外を眺めているときの“あのワクワク感”を感じている自分が確かにいました。まさにフライト体験です。 ブルース・リーの名台詞「Don't think.FEEL!」じゃないですが、WEB上でも、「頭」を使って考えてもらうのではなく、「身体」で感じてもらうことが重要になってきている、そんな気がします。(北尾) http://www.world-of-swiss.com/ja/

【共感したクリエイティブ】 その「まなざし」に共感する  WEBメディアのデザイナーさんが個人的に撮りためた写真をアップしているブログサイト。この方の写真、好きなんです。  特に好きなのが、街中を歩く人の背中を捉えた写真。普通の人の、普通の暮らしのなかにある、その人固有のストーリーが写真からにじみ出ている、そんな気がするんです。  ひょっとすると、ファインダーを覗くその「まなざし」に共感しているのかもしれません。(小林)  http://ordinary-days.wataamee.com/

【共感したクリエイティブ】 その「まなざし」に共感する WEBメディアのデザイナーさんが個人的に撮りためた写真をアップしているブログサイト。この方の写真、好きなんです。 特に好きなのが、街中を歩く人の背中を捉えた写真。普通の人の、普通の暮らしのなかにある、その人固有のストーリーが写真からにじみ出ている、そんな気がするんです。 ひょっとすると、ファインダーを覗くその「まなざし」に共感しているのかもしれません。(小林) http://ordinary-days.wataamee.com/

【共感したクリエイティブ】 過剰な熱量こそが、「共感」を呼ぶ  アフリカのスラムに住む若者たちが作り出すローカルミュージック。これまで行き場のなかった彼らの音楽を、インターネットを通じて世界中の音楽ファンに届ける。そうすることで、アフリカの地に「しごとをつくる」。 そんな強い思いのもとで運営されている音楽レーベルのWEBサイト。音楽も、サイトも、すごくかっこいい。湧き上がるパッションというか、過剰な熱量すら感じます。  それは運営者の強い使命感がサイトのデザインだったり、インターフェースだったりにまで溢れ出ているからなのでしょうね。グッときました。(小林)  http://amp-music.net/

【共感したクリエイティブ】 過剰な熱量こそが、「共感」を呼ぶ アフリカのスラムに住む若者たちが作り出すローカルミュージック。これまで行き場のなかった彼らの音楽を、インターネットを通じて世界中の音楽ファンに届ける。そうすることで、アフリカの地に「しごとをつくる」。 そんな強い思いのもとで運営されている音楽レーベルのWEBサイト。音楽も、サイトも、すごくかっこいい。湧き上がるパッションというか、過剰な熱量すら感じます。 それは運営者の強い使命感がサイトのデザインだったり、インターフェースだったりにまで溢れ出ているからなのでしょうね。グッときました。(小林) http://amp-music.net/


その他のアイデア
Pinterest
検索