Celebration of Princess Kako

Celebration of Princess Kako

2013/6/26 12:48宮内庁は26日、来年成人する秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま(18)が正装時に着けるティアラの製作業者を宝飾大手のミキモト(東京都中央区)と決め、公示した。7月17日に正式契約する。 朝日新聞デジタルによると、公募には国内19社が応募。入札資格などを調べて適格とされた5社からティアラのデザイン提出受け、6月11日に審査した。 どのような審査で業者が決まったのだろうか。産経ニュースが次のように報じている。 予算は、首飾りなど4点を含めて約2900万円。大原美術館の高階秀爾(たかしな・しゅうじ)館長ら3人の学識経験者と宮内庁がデザインや実績、技術などを審査した結果、ミキモトの評価が高かった。 (産経ニュース 2013/6/26 12:48) ティアラのほかに、ネックレスやブレスレット、イヤリング、勲章留めもセットで製作され、納品は来年4月を予定している。ミキモト広報宣伝部は朝日新聞の取材に対し、「私どもが提出したデザインやジュエリー製作の実績、アフターケアなどをさまざまな角度で評価いただき、大変光栄に思います」と話している。

時事ドットコム:永遠の輝きプリンセス・ダイアナと英王室特集

永遠の輝きプリンセス・ダイアナと英王室特集

Princess Kako 7/28/15

Princess Kako 7/28/15

Her Majesty the Empress and young His Imperial Highness the Crown Prince who enjoy a drive. 1961. Syowa.

Her Majesty the Empress and young His Imperial Highness the Crown Prince who enjoy a drive. 1961. Syowa.

Empress Michiko greets Princess Mathilde of Belgium during their visit to Japan at the Gosho Place on 12 June 2012 in Tokyo

Empress Michiko greets Princess Mathilde of Belgium during their visit to Japan at the Gosho Place on 12 June 2012 in Tokyo

Japanese Imperial family's antique photograph. Imperial prince Arisugawanomiya Takehito. 1862-1913. Edo-era / Meiji-era / Taisyo-era.

Japanese Imperial family's antique photograph. Imperial prince Arisugawanomiya Takehito. 1862-1913. Edo-era / Meiji-era / Taisyo-era.

秋篠宮悠仁親王(あきしのみやひさひとしんのう)殿下

秋篠宮悠仁親王(あきしのみやひさひとしんのう)殿下

Queen Maxima of The Netherlands is welcomed by Emperor Akihito and Empress Michiko of Japan at the Imperial Palace in Tokyo, Japan, 29.10.2014.

Queen Maxima of The Netherlands is welcomed by Emperor Akihito and Empress Michiko of Japan at the Imperial Palace in Tokyo, Japan, 29.10.2014.

Pinterest
検索