インフォグラフィック/infographic
19 Pins
· 142 Followers
あなたの会社は「労働時間メタボ」じゃありませんか?

あなたの会社は「労働時間メタボ」じゃありませんか?

働くマザーのストレス調査報告書

働くマザーのストレス調査報告書

働くマザーのストレス調査報告書

働くマザーのストレス調査報告書

2025年は本格的な人口減少下になる 2025年の日本では、15〜64歳の生産人口だけでなく、総人口もピークアウトし、本格的な人口減少下になることが見込まれます。  この確定した未来から、どのような「働く」あり方が浮かび上がってくるでしょうか?

2025年は本格的な人口減少下になる 2025年の日本では、15〜64歳の生産人口だけでなく、総人口もピークアウトし、本格的な人口減少下になることが見込まれます。 この確定した未来から、どのような「働く」あり方が浮かび上がってくるでしょうか?

テクノロジーによって教育の新たな潮流を生み出す「EdTech」

テクノロジーによって教育の新たな潮流を生み出す「EdTech」

どうしたら離職率を半減させ、失業者の参入率を高めることができるのでしょうか。2025 年に向けて、人材不足と人材余剰が同時に発生します。  人口減少にともない構造的な人材不足が発生すると同時に、テクノロジーの進化等にともない労働集約的な仕事を中心に人材余剰も起こることが見込まれます。  つまり「人が余っているの に、人が足りない」「仕事があるのに、仕事に就けない」という状況が考えられます。  2025 年に向けては、このような事象が、広範囲に、ただし局所的には今までよりも解消が難しい形で発生します。このような深刻なミスマッチが発生する 2025 年に向けて取り組むべきは、 1.制約があっても働けること 2.長く働き続けられること  3.次の仕事に就けること といった社会的な環境整備になります。

どうしたら離職率を半減させ、失業者の参入率を高めることができるのでしょうか。2025 年に向けて、人材不足と人材余剰が同時に発生します。 人口減少にともない構造的な人材不足が発生すると同時に、テクノロジーの進化等にともない労働集約的な仕事を中心に人材余剰も起こることが見込まれます。 つまり「人が余っているの に、人が足りない」「仕事があるのに、仕事に就けない」という状況が考えられます。 2025 年に向けては、このような事象が、広範囲に、ただし局所的には今までよりも解消が難しい形で発生します。このような深刻なミスマッチが発生する 2025 年に向けて取り組むべきは、 1.制約があっても働けること 2.長く働き続けられること 3.次の仕事に就けること といった社会的な環境整備になります。

人事制度設計は画一的なジョブから柔軟性のある相互補完的な役割分担へ  現在82.6%の就業者が企業に雇用されている事を鑑みると、2025年に向けて企業の人事制度設計の整備は欠かせません。  この点では、これまでの画一的な役割分担から、制約があっても働ける、多様な人材が活躍できる相互補完的な役割分担へと転換することが求められます。

人事制度設計は画一的なジョブから柔軟性のある相互補完的な役割分担へ 現在82.6%の就業者が企業に雇用されている事を鑑みると、2025年に向けて企業の人事制度設計の整備は欠かせません。 この点では、これまでの画一的な役割分担から、制約があっても働ける、多様な人材が活躍できる相互補完的な役割分担へと転換することが求められます。

2025年 働くを再開発する時代がやってくる リクルートワークス研究所では2025年の「働く」環境変化について調査予測し、今後どのような「働く」環境作りが求められる提言を行いました。

2025年 働くを再開発する時代がやってくる リクルートワークス研究所では2025年の「働く」環境変化について調査予測し、今後どのような「働く」環境作りが求められる提言を行いました。

2025年、 就業者数は183万人減少、一人あたりの平均所得は13.9万円減 調査に当たって労働市場に「入る」「出る」「中で移動する」という人の動きに着目しました。2015年までの労働環境の変化をそのまま2025年まで延長すると就業者数は183万人減少、一人あたりの平均所得は2015年より13.9万円減少することが予想されます。

2025年、 就業者数は183万人減少、一人あたりの平均所得は13.9万円減 調査に当たって労働市場に「入る」「出る」「中で移動する」という人の動きに着目しました。2015年までの労働環境の変化をそのまま2025年まで延長すると就業者数は183万人減少、一人あたりの平均所得は2015年より13.9万円減少することが予想されます。

2025年はより悲観的なシナリオになる可能性も•••前述した将来予測は現在の働く環境下を前提に算出していますが、現在は社会、企業、個人がぎりぎりのバランスに保たれているものと想定されます。  例えば今後、高齢化に伴う社会保障費の増加に圧迫され、雇用を助成するための仕組みの多くが削減される可能性も十分あることだと考えられます。  バランスが崩れた際にはどのような将来予測ができるでしょうか?

2025年はより悲観的なシナリオになる可能性も•••前述した将来予測は現在の働く環境下を前提に算出していますが、現在は社会、企業、個人がぎりぎりのバランスに保たれているものと想定されます。 例えば今後、高齢化に伴う社会保障費の増加に圧迫され、雇用を助成するための仕組みの多くが削減される可能性も十分あることだと考えられます。 バランスが崩れた際にはどのような将来予測ができるでしょうか?

悲観的シナリオにおいては、「働きたいのに働けない」「仕事はあっても働けない」個人が増加する可能性 悲観的シナリオを想定すると、これまでのトレンドに加え、テクノロジーによる仕事の代替え、介護離職など「働きたいのに働けない」個人・また人手不足が深刻にも関わらず、職場環境が希望とマッチしないなど「仕事はあっても働けない」個人の出現、などが考えられます。

悲観的シナリオにおいては、「働きたいのに働けない」「仕事はあっても働けない」個人が増加する可能性 悲観的シナリオを想定すると、これまでのトレンドに加え、テクノロジーによる仕事の代替え、介護離職など「働きたいのに働けない」個人・また人手不足が深刻にも関わらず、職場環境が希望とマッチしないなど「仕事はあっても働けない」個人の出現、などが考えられます。

企業間の競争環境はこれまで以上に激化 また企業においては、国内マーケットの縮小に伴う海外進出、技術進歩による人材要件の高度化、などが想定されます。

企業間の競争環境はこれまで以上に激化 また企業においては、国内マーケットの縮小に伴う海外進出、技術進歩による人材要件の高度化、などが想定されます。

今後、バランスよく働ける環境を求める個人と、生産性の高い個人を求める企業のミスマッチが深刻化する可能性も・・・2025 年の悲観的なシナリオにおいては、企業間の競争環境が激化する事にともない、企業はより収益性の高い人材を求め、個人は高齢化にともない生活などとバランスのとれた働き方を求めるようになります。  働き方をめぐって企業と個人のニーズが乖離していくため、求人と求職者が結びつかないミスマッチ問題が深刻化する可能性があります。

今後、バランスよく働ける環境を求める個人と、生産性の高い個人を求める企業のミスマッチが深刻化する可能性も・・・2025 年の悲観的なシナリオにおいては、企業間の競争環境が激化する事にともない、企業はより収益性の高い人材を求め、個人は高齢化にともない生活などとバランスのとれた働き方を求めるようになります。 働き方をめぐって企業と個人のニーズが乖離していくため、求人と求職者が結びつかないミスマッチ問題が深刻化する可能性があります。

悲観的シナリオにおける2025年の予測では、就業者数は557万人、一人あたりの平均所得は56.3万円減少  主婦などが新たに労働市場に参入する確率を2015年の半分、就業者の離職率が2倍になった際の悲観的シナリオを想定すると、2025年の就業者は2015年より557万人、なかでも男性が436万人減少し、一人あたりの平均所得は2015年より56.3万円減少することが見込まれます。

悲観的シナリオにおける2025年の予測では、就業者数は557万人、一人あたりの平均所得は56.3万円減少 主婦などが新たに労働市場に参入する確率を2015年の半分、就業者の離職率が2倍になった際の悲観的シナリオを想定すると、2025年の就業者は2015年より557万人、なかでも男性が436万人減少し、一人あたりの平均所得は2015年より56.3万円減少することが見込まれます。

Pinterest
Search