あの人に話したくなる☆

友だちや同僚に話したくなるチップスや、くすっと笑える小ネタを掲載!
73 ピン122 フォロワー
「整理収納アドバイザーEmi」がお伝えする、旅の準備をラクにする3つのアイデア - じゃらんニュース

こんにちは。「家族のシアワセは、暮らしの基本となる『家』から。」をコンセプトに、家事をラクにする動線や仕組みを考えた収納をお伝えしている、「OURHOME」主宰、整理収納アドバイザーのEmiと申します。 わが家は、7歳の男女の双子と夫の4人暮らし。1年に1回、家族で飛行機や新幹線を利用した遠出の旅に出かけています。わが家のように、お子様のいるご家庭なら、旅の荷物や準備もラクにしたいものですよね。 そこで、わが家で行っている旅の準備の工夫とアイデアを3つご紹介します。

ケチャップ、ピューレ、ペースト。トマト加工品の違いは?

太陽の光をいっぱい浴びた完熟トマトはおいしさと栄養のかたまり! とはいうものの、すでに熟しているトマトはさほど長持ちするものでもありません。そこで誕生したのが、ケチャップやトマトピューレ、トマトペーストといった加工品。どれも見た目は赤で似通っていますが、それぞれの違い、知っていますか?

ジャムやようかんが腐りにくい理由

ジャムやようかん、果物の砂糖漬けがなかなか腐らない理由を知っていますか? それはこれらの食品に共通して大量に入っているものの作用によるものです。それは、砂糖。では、なぜ砂糖が大量に入っている食品は腐りづらいのでしょうか。

サックサクがたまらない・・・!!クロワッサンはなぜ三日月の形をしてるの?

フレッシュバターのふんわりした香りと、何層にも重なるサクサク食感。クロワッサンとカフェオレと聞けば、優雅なパリの朝食をイメージする人も多いのでは? いかにもフランスらしい印象のクロワッサンですが、実は発祥の地は別にありました。

カリッとおいしい♪ 絶品ムニエルを焼くための3つの極意

ムニエルとは塩・こしょうした魚に小麦粉をまぶし、バターで焼いた料理のこと。鮭や舌平目、さわら、かれいなどの白身魚が定番ですが、さば、あじ、さんまなど青背の魚もおいしく仕上がります。魚料理は苦手という人も、切り身で簡単に作れるムニエルなら作れる、という人も多いのでは? まぶした粉が薄い膜を作り、魚の旨味をそっくり封じ込めるのがこの料理の持ち味です。

“アメリカ風”を意味する「アメリケーヌ・ソース」はパリ生まれ!?

アメリケーヌ・ソースとは、カニやエビなど甲殻類の殻と野菜を炒めてから煮出してダシをとり、そのカニやエビのみそにトマトを加えたオレンジ色のソースのこと。とくにオマールエビの料理に使われることが多くなっていますが、魚介類全般によく合うソースとして知られています。名称の「アメリケーヌ」はフランス語で、訳せば「アメリカ風」。この名称からアメリケーヌ・ソースはアメリカ発祥のソースと思われがちですが、実はフランス発祥のソースなのです。では、なぜ「アメリカ風」という名前がつけられたのでしょうか。

なぜ「さくら」? 馬の肉を「さくら肉」と呼ぶ理由

低カロリーなのにうま味が強くてクセがなく、生でも美味しく食べられる馬肉は「さくら肉」と呼ばれることがあります。桜と馬にはとくに関係がないように思えますが、いったいなぜなのでしょう。

「杏仁豆腐」の「杏仁」って何か知ってる?

「中華料理のデザートといえば、やっぱり杏仁豆腐!」という人は多いのでは? とろっと柔らかな口どけと独特の甘さを持つ杏仁豆腐は、暑い季節にも嬉しい人気のひんやりスイーツ。ところでこの「杏仁(あんにん)」とは何なのか、ちゃんと答えられますか?

生クリームが泡立つのは脂肪のおかげだった!

ケーキやムースを作るときに欠かせない生クリーム。この生クリームとは牛乳から乳脂肪分以外の成分を取り除いたものを指します。液状のクリームでは、乳脂肪は小さな球体になっています。通常、水分と脂肪は分離してしまいますが、クリームの場合は乳脂肪の球の表面を覆う細胞膜によって乳化されていて、乳脂肪分と水分が分離しません。この生クリームを泡立て器などを使って撹拌すると、クリームの中に空気が取り込まれていくと同時に乳脂肪の球の一部が破壊されて脂肪が出てきます。この脂肪がのりのような役目となり、乳脂肪の球と空気の泡をくっつけることで、生クリームは少しずつ粘度が高くなって、最後は角が立つほど固くなるのです。

“順番”がポイント! 炒めものを上手に仕上げるコツ

家で野菜炒めやゴーヤチャンプルーなどの炒めものを作るとき、「どうせ炒めるんだから一緒でしょ」と材料を一気に全部入れてしまってはいけません。炒めものを上手に仕上げるためには材料をフライパンに入れる順番が大切です。 最初は香味野菜から まず最初にフライパンに入れるのは、細かく切ったネギやショウガ、ニンニクといった香味野菜。これを低温の油でじっくり炒めることで、油に香りを移します。 材料は同じ大きさにカット これができたところで炒める材料を入れていきます。このとき、材料の大きさはある程度揃えておくこともポイントです。大きさがバラバラだと火の通りが均一になりませんし、見た目もイマイチな仕上がりに。 肉…

Pinterest
検索