江戸時代後期の日本にいた全身刺青の飛脚たちのカラー写真いろいろ - DNA

インターネットが発達した現代では、情報伝達にもはや手紙すら使うことは少なく、ほとんどがメールや電話で行われています。しかしたった150年ほど前までは、飛脚と呼ばれる人々が郵便物や貨物を足で運んでいました。今回は、そんな江戸後期にあたる1800年代に撮影された全身に刺青を施した飛脚たちをとらえた写真をご紹介します。

飛脚 |Courier service

ふと思った事がある飛脚簡単に言うと今の宅急便屋さんかな明治初期の飛脚伊達だね粋な漢だねでもって矛盾してるのがこのロゴマークの宅急便屋ロゴマークに飛脚を使ってる…

江戸時代後期の日本にいた全身刺青の飛脚たちのカラー写真いろいろ - DNA

19世紀の日本、時代は江戸後期に今で言う宅配便やバイク便の役割を果たしていた飛脚と呼ばれる人々のカラー写真です。以前に紹介した明治・大正時代に撮影された芸者や舞妓さんたちのカラー水着写真も非常に見応...

江戸時代後期の日本にいた全身刺青の飛脚たちのカラー写真いろいろ - DNA

19世紀の日本、時代は江戸後期に今で言う宅配便やバイク便の役割を果たしていた飛脚と呼ばれる人々のカラー写真です。以前に紹介した明治・大正時代に撮影された芸者や舞妓さんたちのカラー水着写真も非常に見応...

Pinterest
検索