柿渋を塗った杉板の床。長い縁側の奥にはピエール・ガリッシュのソファ。青い色が和の空間に映える。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

小池 高弘さん 小川 奈緒さん 『ゆったりと家族がつながる、縁側のある暮らし』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

古民家をリノベーションして住む方が増えています。新築より安いだけではない「古民家」の魅力についてお伝えしたいと思います。 飴色になった柱、木枠の扉、すりガラス・・・そこには長い間誰かが住んでいて、色々な生活スタイルがあり建てられたもので、今からおよそ50年~80年前後に建てられた日本家屋。昔の建物にはよくいい木が使われている事があり、リノベーションして住む場合でも多くの木材を部分を残してリノベーションされる事が多いです。 そんなぬくもりを感じさせてくれる古民家リノベーションを集めました。

「古民家→カフェ」 なんてんカフェ

イキゴトが、世界中のリノベーション事例を紹介しています。

Nさんは新築で購入したマンションを売って、築30年の団地を購入しました。 売り払ったマンションを手に入れたのはリーマンショック後だったので、5千万円くらいの物件が4千万円くらいで買えたそうです。ただ

〈リノベーション・スタイル〉<41>築30年、100m²の団地で手に入れた至福

古民家とコーヒーと「カヤバベーカリー」

古民家とコーヒーと「カヤバベーカリー」

ELLE ONLINE(エル・オンライン)のグルメチャンネル。谷中の「カヤバ珈琲」がパン屋さんをオープンしたと聞きつけて伺ってみたところ、そこは古民家を改装した何とも居心地のよい場所で……。

古民家カフェって落ち着いてリラックスできるので大好きです。東京都内で一度は行ってみたい古民家カフェをまとめてみました。みなさんのおすすめ古民家カフェもお気軽に追加投稿してみてください!

古民家カフェって落ち着いてリラックスできるので大好きです。東京都内で一度は行ってみたい古民家カフェをまとめてみました。みなさんのおすすめ古民家カフェもお気軽に追加投稿してみてください!

senkiya - Google 検索

前回は山口県萩市のゲストハウスrucoについて書きました。rucoを施工していたのが2013年の6月〜10月の4か月間。11月以降はしばらく現場に入らないデザインの仕事をやっていました。


その他のアイデア
Pinterest
検索