Tetsu IKUZAWA

生沢徹
3 ピン58 フォロワー
ノービス125ccクラスで先を競い合う25番小島松久(スズキ)、11番生沢徹(トーハツ)、6番青木格(ホンダ)。

昭和ロードレースの歴史③ー第2・3回浅間&第1回全日本ロードレース ノービス125ccクラスで先を競い合う25番小島松久(スズキ)、11番生沢徹(トーハツ)、6番青木格(ホンダ)。

1958年第1回クラブマンレース写真集ー1 ダンデイ50ccで挑戦した15才の生沢徹

1958年第1回クラブマンレース写真集ー1 ダンデイ50ccで挑戦した15才の生沢徹

ウルトラライト(125cc)に出場した大会最年少選手16歳の生沢徹(=オーツキ・ダンディ、50cc)。わかさ会(修理・販売店関係の若手で組織)がアロハシャツを着て運営に尽力した。

クラブマンレース50年の歩みー1

Pinterest
検索