手打ち蕎麦 かね井 : 京都写真(Kyoto Photo)

(youpv.exblog.jp) お昼は町家で手打ち蕎麦(^-^)レモン館を後にして、大徳寺通を南下して北大路通の信号を渡ります。 1つ西側の通りである「智恵光院通」へと移動して、南...

日本家屋、畳、和室/Japanese traditional folk house

「其支那朝鮮に接するの法も隣國なるが故にとて特別の會釋に及ばず、正に西洋人が之に接するの風に從て處分す可きのみ。惡友を親しむ者は共に惡友を免かる可らず。我は心に於て亞細亞東方の惡友を謝絶するものなり。」...

春と秋は障子を開け、夏と冬は閉めて部屋の温度を調節する。11歳の2匹のビーグル犬がドッグベッドでのんびりと昼寝。奥様の里江さんとは犬が縁で知り合ったそう。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

おもいでの宿|古民家 吾平治 Kyoto

おもいでの宿|古民家 吾平治 Kyoto もっと見る

北歐風/透天別墅/新成屋(5年以下)/和室

北歐風/透天別墅/新成屋(5年以下)/和室 colors and lines is so nice, tatami not carpet, pop up…

あらゆる境界線を越えて。入谷の古民家ゲストハウスtoco.

バックパッカーとしてデビューして、早半年。東南アジアを大きなバックパックを背負って旅行しました。そのとき、ゲストハウスと呼ばれる安宿にお世話になったことを覚えています。 物価が高い日本に訪れる世界中のバックパッカーは、どんなところに泊まるのでしょうか。カプセルホテル?漫画喫茶?いえいえ、日本にもゲストハウ

Japanese traditional house, Ima(living room)日本家屋 居間・リビングルーム

雑誌「建築知識」に連載中のリフォーム・リノベーション・スーパー講座の打合せで、代々木のリノベーションカフェ「DADACafe」に行って参りました。 駅徒歩3分の古い日本家屋を居心地の良いカフェに上手にリノベーションしていました。外から見ると、昔のおじいちゃんおばあちゃんの家のイメージです。…


その他のアイデア
Pinterest
検索